Gamer Blog [Loxley-Note]

スクエニ・任天堂のゲームを中心としたサブカルチャーブログです。たぶん。最近はFF14の記事中心です。

『Overwatch(オーバーウォッチ)』製品版に向けたサポートロールの考察

Sponsored

http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/L/Loxley/20160424/20160424195906.jpg

今月24日発売予定のOverwatch(オーバーウォッチ)ですが、私はメインロールをサポート(ヒーラー)にしてプレイの予定です。

じつはリアル系FPSゲームのBattlefieldシリーズでも突撃兵という、小隊の中では回復の役割を持つクラスを好んで使っていまして、一番自分に合っているロールだと思っています。(ちなみにBattlefiledシリーズだとサポートは援護兵で弾配り役です。ややこしいですね)

今回の記事はこのサポートロールの立ち回りについて言及していきたいと思います。

オススメのサポートロールを選ぶなら

さて、サポートロールについて言及すると前置きしていながら私がベータテスト時にまともにプレイしたサポートロールのヒーローは「マーシー」と「ルシオ」くらいです。「ゼニヤッタ」、「シンメトラ」は自分のプレイスタイルには合わなかったですね。ちょっとトリッキー過ぎました。 (AI相手に操作だけは練習しましたけど)

攻撃のルシオ

ベータテスト時のルシオの立ち回り考察記事は既に投稿していますが、 

ルシオといえばその強力なサポート能力がまず挙げられます。

複数の強化能力を使いこなす

範囲効果のある「クロスフェード」を切り替えて使用し、タンク・オフェンスと共に速度を上げて一気に攻めこんだり、逆に足を止めて回復に切り替え、タンクや障害物に隠れて敵の銃火をやり過ごしながら範囲回復、これがなかなか強力です。チームの総合力を押し上げます。

キャラクター個人の火力もメインの「ソニックアンプリファイア」、サブのノックバック付攻撃「サウンドウェーブ」があり隙がありません。

これに「サウンドバリア」や「ウォール・ライド」もあって、敵の襲撃への対策や、移動も自由自在です。

ルシオはオールラウンダー向けですね。使いこなすとかなり強いと感じています。このキャラだけ突き詰めていってもかなり強くなれるのではないでしょうか。(Overwatchのゲーム性には反しますけど)

使いどころとしては攻撃側の時に積極的に選択していきたいところです。

Blizzardの容赦のない弱体化に怯える

で、正直言って強すぎたので製品版ではもしかすると調整が入るかもですね。まず、範囲回復が自分まで出来てしまうのがまずいです。範囲回復でパーティ全体を回復する能力としてはかなりのものになりますよね。さらに攻撃にもメイン・サブが用意されており、サブにはノックバックがあって敵を弾き飛ばして墜落死させることが可能です。これに加えて味方の移動速度アップやバリア展開能力まで。万能すぎます。

CBTなどのフィードバックでもルシオの強さは際立っていたのでしょうけど、他のヒーローが目立っていたので調整が進んだオープンベータでルシオの強さがあらためて再認識されたというところでしょうか。今後弱体を重ねていきたいそうでちょっと心配です。なにしろDiabli3の初期にデーモン・ハンターを弱体化したBlizzardですからね。(あの修正にはやる気をなくして拡張パックまでプレイをやめてしまいました)

 

防御のマーシー

ベータテストで一番最初にプレイして立ち回り記事を書いたのはマーシーです。 

キャラクターの特徴といえばとにかく使いやすいところと回復・蘇生能力ですね。

生き残ってタンクとオフェンスを回復して攻撃にも加わり、パーティが壊滅しそうになったらここぞというときにリザレクトで逆転を狙います。あまり目立たない役割ですが、上手いプレイヤーだとヒーラーの立ち回りをよく見ているのでゲーム終了時にいいね!を数多くもらえます。

役割的に防御側で選択すると最大限の活躍ができるヒーローだと思います。私はベータテスト後半はログインしなかったのですが、MVPの選定が修正され、リザレクトを効果的に使用するとMVPになれたようですね。(自分を除いて全滅状態状態からのリザレクト使用等)

蘇生役として生き残るために

マーシーをプレイしているとついついやってしまいがちなのが、単独行動とカドゥケウス・スタッフの乱用です。単独行動は避けてタンクあるいはオフェンスと行動し、敵オフェンスの銃火をやり過ごして、もし狙われるようなことがあれば「ガーディアンエンジェル」で即味方の近くに逃げて多対一の状況に持ち込みます。

意外と強いカドゥケウス・ブラスターがあるのでついつい先走ってしまいがちですが、マーシーが倒されてしまうと味方や自分の再出撃でタイムロスをしてしまうのでここは我慢してタンクや遮蔽物の影から応射するくらいにしたほうがいいと思います。

最前線で単独行動するマーシーは敵のトレーサーやリーパーのいいカモです。タンクの影から応射するだけでも十分弾幕を張る役目は果たせます。自分のキル数よりパーティの勝利を優先しましょう。味方タンクに余裕があるようなら敵タンクのシールドを削ったり、伏兵に備えたり、弾幕を張るのに協力しましょう。

自分がパーティの要だということを認識する

オフェンスの回復は接近してきてからするくらいでちょうどいいです。無闇に最前線へ出ると真っ先に狙われます。ご注意ください。相手が上手いプレイヤーだと、イタチごっこになりやすいオフェンス同士の勝負より、ヒーラーを潰して敵戦力を削ぐことを優先してくると思います。(で、相手のオフェンスはディフェンスに任せる)

総合面を考慮してマーシーを選ぶ

ネットの様々な意見を読むと、「攻撃はルシオ」「防御はマーシー」という意見が多いようです。しかし私は使いやすいマーシーをメインにしようかと考えています。ルシオは上で述べたようにどうも若干の修正が入る気がするんですよね。あまりにも攻撃補助面で突出しているのでどこかでバランスを取ってきそうな・・・。ひょっとしたら他のヒーローを上方修正してくる方法を取ってくるかもしれませんが。(Blizzardが安易に上方修正してくるなんてあり得ないと思いますけどね)

オーバーウォッチはチームバトル

オーバーウォッチはFPSゲームですが、競技性の高いチームバトルといった面が強いです。通常e-sportsなどでは5人制が多いようですが、これに一人加えて6人制にすることで一人一人の責任を軽くし、ミスがあっても仲間でカバーし合い、AIM力に劣るメンバーでも作戦によっては勝てるようなバランスになっています。(CoDとかだとこうはいかない。一方的に倒されます)

スプラトゥーンなどでTPSゲームに触れ、他にもシューティングゲームを物色している方へ。オーバーウォッチはFPSゲームではありますが特にお勧めです。とても楽しいゲームですよ!('ω')b

PlayStation 4 ジェット・ブラック 1TB (CUH-1200BB01)

PlayStation 4 ジェット・ブラック 1TB (CUH-1200BB01)

 

オーバーウォッチ、5月24日発売です! 

 


調べるブログ(サブブログ) / エフエフアンテナ / FF14アンテナ / FF11ブログアンテナ / TOPに戻る

  • このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。
  • 当ブログ記事の2ch系まとめサイトへの無断転載を禁じます。
  • 投稿した記事内容は私的なものであり、所属する組織・団体に関連性はありません。
  • Loxley-Noteは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。