Gamer Blog [Loxley-Note]

ゲーム・自作PC・動画などの記事を中心としたサブカルチャーブログです。たぶん。

『テラバトル無課金プレイ』11章をクリアし、ゲームボーイに夢中になっていた頃を思い出した件

当ブログへのご来訪まことにありがとうございます。

スマートフォン用ゲーム「テラバトル」、まだまだ無課金でプレイ中です。

やっと11章をクリアしました。10章を超えたあたりから各章のラスボスが強いような。(=ω=;)

f:id:Loxley:20160502123554j:plain

ストーリーが進んだので、女王パルパ324世も入手しました。やったぜ!('∇')v

しかしアミ・ナのほうがヒーラーとしては優秀なのであんまり使っていないという。

岩人の住まう地下世界へ 

MAPを下にスクロールして新たなステージを進んで行きます。

f:id:Loxley:20160502123604j:plain

地下では岩人という種族と接触したところです。 

TERRA BATTLE  英雄失格 (JUMP j BOOKS)

TERRA BATTLE  英雄失格 (JUMP j BOOKS)

 

世界設定やキャラクターについてはこちらの小説で述べられています。 

 

上でも書いてますが、ステージが地下に移ってからボスが強くなりました。ちゃんとキャラを強化したり戦術を考えないと負けることも。無課金プレイ縛りなのでエナジーは無駄にできません(ストーリークリアはログインボーナスで配布されるエナジーは酒場のガチャで使うため)。

それだけに苦労してボスを倒すと喜びもひとしお。

テラバトル

テラバトル

  • MISTWALKER CORPORATION
  • ゲーム
  • 無料

これまではスマートフォンゲームということで軽く見ていたのですが、正直言ってすいませんでした。このゲーム、本当に面白いです。

藤坂さんの魅力的な絵、大野さんの神業的プログラミング、西村さんのゲーマー心をくすぐるゲームデザイン、そしてそれらをマネジメント・コーディネイト・プロデュースする「レジェンド」坂口さんの手腕。お見事ですね。

久々にゲームで熱くなりました。

なんとか無課金で30章まで進みたいなー。

補足:テラバトルの開発者

プログラマーの大野さんがあまりにも有能すぎるので過去作(スクエニ時代)は何をやっていた人なんだろうと思い気になったので調べてみました。

  • 「FinalFantasyXI(3Dマップエンジン 物理シミュレーションを担当)」
  • 「クロノクロス」
  • 「FFX-2」

f:id:Loxley:20160502203032j:plain

PS2時代にFF11であの描画を実現したエンジニアの方でしたか。なるほど坂口さんとはここでつながってたんですね。(FF11はEverQuestに影響を受けた坂口氏がスクウェアでもオンラインゲームを作りたいと思って開発したものだそうです)

それにしてもクライアント・サーバーのプログラムを両方開発できるってすごいですね、しかも一人で。最近ではゲームプログラマーにもキャリアパスとしてサーバーサイドプログラミングは人気だそうですが、全部一人でやっちゃったんだこの人。(;゜ロ゜)

モバイルでゲームは少人数開発へ回帰するのか。「TERRA BATTLE」開発座談会レポート。え,プログラマも各デザイナーも1人ずつ? - 4Gamer.net

 

ゲームボーイに夢中になっていたあの頃を思い出す

ゲーム各章のラスボス戦で熱くなって勝った時、ふと思うことがありました。

昔、子供の頃に白黒液晶のゲームボーイで「テトリス」に夢中になっていたなぁと。テラバトルで久々に夢中でゲームをプレイしましたが、自分が子供の頃に夢中になっていたゲームボーイが今ではスマートフォンだったり3DSだったりするわけですね。

普及台数的にスマートフォンでゲームをプレイする人達が圧倒的に多いそうですが、正直ソシャゲーとかで育って大丈夫なのかなと思うときもありました(あれはゲームというよりパチスロの類だと思います、いわゆるギャンブル)。でもスマホゲーにも「テラバトル」みたいなゲームがあるなら安心ですね。任天堂やサードパーティも3DSに良ゲーを出してますし。

正直いってこの先、有料ガチャ漬けにされたゲームクリエイターが氾濫するとか勘弁してほしいと思っていました。

f:id:Loxley:20160502130743j:plain

据え置き機とスマートフォンの論争があるみたいですけど(日本ではスマホゲー人気で据え置き機のゲームとハードが売れないとか)、私はハードウェアは別に何でもよくてゲームという文化が続いていけばよいと思っています。時代とともに移り変わりはあると思うので。

 

今の時代、ゲームの面白さよりマネタイズらしい

ニコニコ超会議2016年でスクエニの吉田氏とひろゆき氏が対談している際に以下のように吉田氏は述べていました。

 

吉田氏「うち(スクエニの吉田氏の部署)は実力主義でどんどん上に行く人がいますけど、ソーシャルゲームではゲームの面白さよりマネタイズ重視になっていてそちら方面の地頭のいい人が偉くなっている感じです」

ひろゆき氏「ああ、マーケティング的な要素ですね」

 

有料ガチャシステムに疑問

私は課金ジャブジャブのソーシャルゲームが好きではありません。またこういうゲームを好む層も理解し難い存在だと思っています。だってパチスロ嫌いだもの。射幸心を煽られて重課金して何が楽しいかと。

でもテラバトルは基本無料課金アイテム方式ではありますが、坂口氏自ら収益性は低いと述べているそうです。確かにテラバトルの課金はシンプルであり、無課金でもプレイは可能です。ただ、テラバトルが射幸心を煽らないゲームかというと微妙で「キャラクター」や「おとも」のガチャがあるのでなんとも言えないですね。(もっとPSO2みたいな健全な課金方法はあるはずだけど)

 

この有料ガチャであくどい儲け方をしている会社が増えてきたので、ソーシャルゲーム業界でガイドラインが制定されました。

 

あ、ちなみに私はゲームは無課金プレイですけど、書籍やグッズは購入するのでミストウォーカーのファンとしてはお布施はしていますよ。('∇')v

でも、どうしても有料ガチャというコアユーザー向け重課金システムだけは受けつけないんですよね。スマートフォン用のノベルゲームみたいに序盤無料、追加の章は有料みたいな課金体系が望ましいです。

 

おしまい。

 


調べるブログ(サブブログ) / YouTube Loxley Channel / エフエフアンテナ / FF14アンテナ / FF11ブログアンテナ / TOPに戻る

  • このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。
  • 当ブログ記事の2ch系まとめサイトへの無断転載を禁じます。
  • 投稿した記事内容は私的なものであり、所属する組織・団体に関連性はありません。
  • Loxley-Noteは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。