読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Gamer Blog [Loxley-Note]

スクエニ、任天堂ゲームのファンブログです。たまにSteamと自作PCネタも。

『MAD MAX(Steam)』プレイレポート

PC GAME REVIEW

当ブログへのご来訪、誠にありがとうございます。

SteamのセールでMAD MAXを購入しました。

http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/L/Loxley/20151126/20151126213838.jpg

Save 50% on Mad Max on Steam

MAD MAXは有名な洋画で、子供の頃に見たことがあります。再放送も地上波で何度も放映されていますね。

今回はこの懐かしの作品、MAD MAXのゲームをプレイすることになったわけですが・・・。

あれ、これってRAGE?

序盤をプレイしているうちに感じたのが、なんだかこのゲームやったことがあるなーという印象でした。

どんなゲームかというと、 

そう、RAGE。しかもRAGEのほうが面白いという・・・。(=ω=) 

RAGEはチュートリアルの段階から手に汗握るバトルと、クオリティの高いアクションでのめり込んでいけましたからねー。徐々に広がっていく世界を乗り物で走り回るのが楽しかった。ミニゲームも面白かったし。

序盤の自由度の低さに萎える

MAD MAXの序盤はチュートリアルみたいなものなんですが、ちょっと道をそれるといきなり死亡してGAME OVERになったりして、自由度が低いように感じました。MAP上では道が見えて行けそうに思えたんですが。先に進むと自由に動き回れるのかな?しかしThe Witcher3、Wach_Dogs、GTA5などオープンワールドのゲームを遊んでいる身にとってはこのMAD MAXという作品はあまり面白みのないゲームでした。(脇道があったら行ってみたいじゃないですかー)

キーやボタンの配置も一般的なTPS・FPSゲームとちょっと異なっていて、ストレスに感じました。せめて序盤のショットガンの弾数が多ければ爽快感だけはあったかなと思います。

このまま続ける気にはならず、返金リクエストを行いました。Steamのユーザーレビューはあんまりあてにならないなー・・・。

マッドマックス

マッドマックス

 

 


調べるブログ(サブブログ)  ゲーム用周辺機器を探す(Amazon)  GARO Project  光のお父さん  TOPに戻る

このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。
当該画像の転載・配布は禁止いたします。
当ブログ記事の2ch系まとめサイトへの無断転載を禁じます。
投稿した記事内容は私的なものであり、所属する組織・団体に関連性はありません。
Loxley-Noteは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

(C)LOXLEY-NOTE

アンテナリンク
エフエフアンテナ  FF11ブログアンテナ  エフエフ14アンテナ