Gamer Blog [Loxley-Note]

スクエニ・任天堂のゲームを中心としたサブカルチャーブログです。たぶん。最近はFF14の記事中心です。

「アサシンクリード4 ブラックフラッグ(PS4)」プレイレポート

Sponsored

オープンワールドゲーム「アサシンクリード4 ブラックフラッグ」をプレイ中です。

じつはアサシンクリードのようなステルスアクションゲームってこれまで苦手だったんです。対人戦だと駆け引き・騙し合いになるのでやりようがあるんですが、対CPUだと憶えゲーが多いし、失敗すると同じところをぐるぐるやり直し、そのうち飽きて投げてしまうのでしばらくプレイしていませんでした。

「アサシンクリード4 ブラックフラッグ」はPS Storeでディスカウントセールが行われていて40%引きで買ったんですが、これがなかなか面白いんです。従来のシリーズと異なり、海賊作品になっていてなかなかユニークな作品に仕上がっています。

PS4によるゲームの進化と没入感

いつもPCでSteamゲームをプレイしているのでグラフィックに驚くことはなかったんですが、PS4向けに最適化されたグラフィックスクオリティは圧巻の一言です。モーションブラーが適度にかかっていて、のっぺり感がなくなっているせいですかね。Xbox360でプレイしていた過去のシリーズとは段違いの没入感でした。ビデオカードの性能で言うとHD 7870相当のはずですが、PS4向けに最適化された本作ではFullHDでほとんどカクツキのないスムーズな描画が行われています。

「映画みたいな作品」と称されるムービーゲーは数多ありますが、映画の中の世界、特に海賊モノの登場人物の一人としてプレイできる本作の没入感はすごいです。海戦も大砲が飛び交い迫力があります。荒れた海を略奪した武装船で乗り切るシーンや船から船に乗り移ってのバトルが素晴らしい仕上がりです。

「ムービーゲー」ではなく「映画の登場人物になる」作品だと思います。

大海原を自由に航海し海賊をロールプレイする

序盤は「アサクリ」らしく町中でのステルスミッションが中心ですが、自分の船を手に入れてからは「海上」オープンワールドゲームが始まります。船員を雇い、海賊船をアップグレードして大海原で海賊行為をしつつ島から島へと移動していきます。

また、従来通り依頼を受けてのアサシン行動もあり、シリーズ作品のファンの方も納得の出来になっています。

アサシン クリード4 ブラック フラッグ【CEROレーティング「Z」】

アサシン クリード4 ブラック フラッグ【CEROレーティング「Z」】

 
アサシン クリード4 ブラック フラッグ (日本語版)(デラックス版) [ダウンロード]

アサシン クリード4 ブラック フラッグ (日本語版)(デラックス版) [ダウンロード]

 

詰まったら攻略サイトでなく動画で

オープンワールドゲームの中でも特に大作級の本作はMAPが非常に広大です。攻略サイトを見ても箇条書き、メモ書きがある程度なのでゲームの進行に詰まったらYoutubeゲームプレイ動画などを参考にするとよいと思います。

洋ゲーは日本だとあまり人気がないんですが、この手の作品がもっと知られるようになるといいですね。オープンワールドタイプのゲームはプレイしていて楽しいです。

PlayStation 4 グレイシャー・ホワイト (CUH-1200AB02)

PlayStation 4 グレイシャー・ホワイト (CUH-1200AB02)

 

調べるブログ(サブブログ) / エフエフアンテナ / FF14アンテナ / FF11ブログアンテナ / TOPに戻る

  • このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。
  • 当ブログ記事の2ch系まとめサイトへの無断転載を禁じます。
  • 投稿した記事内容は私的なものであり、所属する組織・団体に関連性はありません。
  • Loxley-Noteは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。