読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Gamer Blog [Loxley-Note]

ゲームを中心としたサブカルチャーブログです。スクエニ・任天堂のゲーム中心ですが、たまにSteamと自作PCネタも書いてます。

Blizzardの新作FPS「Overwatch(オーバーウォッチ)」とWorld of Warcraftの新たな拡張パッケージ「LEGION」

当ブログへのご来訪、誠にありがとうございます。

今回はBlizzard Entertainment社の新作紹介です。

Overwatch

f:id:Loxley:20151109143431j:plain

Blizzardの新作FPSゲーム「Overwatch」に注目が集まっています。

Overwatch

f:id:Loxley:20151109093907j:plain

キャラクターがピクサーっぽいので日本人でもとっつきやすいのでは、と思える作品です。

ファミ通でも以下の紹介記事が掲載されていました。

本作は、近未来を舞台に、6人対6人によるチーム戦が楽しめるオンラインFPS。オフェンス型、ディフェンス型、タンク型、サポート型など、それぞれ能力が異なるキャラクターが用意されており、FPSが得意ではない人も、サポート役などでチームに貢献でき、多くの人が楽しめる内容になっている。

引用元:

【海外ニュース】チーム対戦型FPS『Overwatch』のPS4、Xbox One版が2016年春に発表決定【Blizzcon 2015】 - ファミ通.com

サポート役があるのはいいですね。FPSゲームの敷居が下がると思います。(FPSが)得意な人はオフェンスやればいいですし。昔、他社のPS3タイトルで「MAG」というFPSゲームがありましたが、撃ちあいが苦手な人でも工兵で建造物を修理してポイントを稼いで活躍できたんですよね。このあたりの配慮はさすがヒットメーカーBlizzardといったところです。

私もOverwatchをプレイするべく、新たにBattle.netのアカウントを取得しました。(スマホが故障した際にSMSプロテクトを忘れていたのでアカウントが復活不可能になりました・・・)

本作は現在、北米でCBTが実施されており、2016年度発売予定でBattle.netではプリオーダーも始まっています。CS機での販売も予定されており人気を集めそうです。

気になるお値段は、ファミ通の記事に記載がありました。

まず基本となる通常版はPCのダウンロード販売のみで、全21キャラクターを収録し、価格は39ドル99セント。このバージョンは家庭用機版には存在しない。  

次に来るのが59ドル99セントのOrigins Editionで、PS4とXbox Oneではこのバージョンが通常版の扱いになる(PC版のパッケージ/デジタル版も存在)。通常版の内容に合わせて、外見を変えられるOriginスキンが5キャラ分付属するほか、さらにBlizzardの他タイトルで使えるゲーム内アイテムが5種類ついてくる。  

最後に各ハードでのパッケージ限定版となるコレクターズエディションは129ドル99セントで、Origins Editionにアートブックとサントラ、そしてスタチューを加えたもの。

引用元:

http://www.famitsu.com/news/201511/07092494.html

マッチング後のPingが気になる

気になるのはマッチング後のpingで、日本からは近くのリージョンで撃ちあうことになるのでしょうか。だとしたらめちゃくちゃ強いエリアになりそうですねー・・・。(一般的にアジアエリアはガチ勢が多く、北米・欧州はエンジョイ勢・ライト層が多い印象です。というか日本人にガチ勢が多い・・・)

ラグの影響が気になるのでベータテストに参加して購入するか決めたいと思います。(CBTの申し込みは公式サイトで行うことができました)

日本でもシューティングが浸透してきた

日本でもWii Uのゲームタイトル「スプラトゥーン」 がヒットしたことにより、シューティングゲーム人気が浸透してきました。Overwatchは上記にあるようにサポート役での活躍も可能なようなのでFPSガチ勢だけでなく、ライト層も楽しく一緒に遊べるようになるといいなと思います。

Splatoon(スプラトゥーン)

Splatoon(スプラトゥーン)

 

PS4「オーバーウォッチ日本語版」はスクエニから

本日公開された情報ではOverwatch日本語版(PS4)は スクエニが発売するようです。 

【発売日未定】オーバーウォッチ オリジンズ・エディション(2016年春発売予定)

【発売日未定】オーバーウォッチ オリジンズ・エディション(2016年春発売予定)

 

オーバーウォッチ: ゲームディレクター”ジェフ・キャプラン”氏から日本語版発売に関するメッセージも公開されています。

 

World of Warcraft:LEGION 

BlizzardといえばWorld of Warcraft。こちらも新拡張パッケージ「LEGION」が発表され注目を集めています。

World of Warcraft

今回の拡張パッケージでは「アゼロスのために!」というセリフが現わすようにストーリーでAllianceとHordeが共闘するシーンがあるのでしょうか。  

既にプリオーダーは始まっており、以下の価格になっています。

  • Standard Edition $49.99
  • DIGITAL DELUXE EDITION $69.99

WoWをまだプレイしたことがない方、STARTER EDITIONならレベル20まで無料で遊べます。この機会に無料版でWoWを遊んでみるのもいいかもしれません。

Kindleで「オーバーロード」を読んで影響を受けたのでアンデッドをプレイしてみたいです。(アンデッドは7~8年ぶりかな・・・)

シームレスにエリアがつながっているMMORPGってやっぱり遊んでいて楽しいんですよね。ゲームへの没入感がすごいです。

↑WoWのAddonをちょっとだけ紹介しています。

※WoWに日本語版はありません。Overwatchも現時点ではPC版が日本語未対応となっています。 


調べるブログ(サブブログ) / ゲーム用周辺機器を探す(Amazon) / エフエフアンテナ / FF14アンテナ / FF11ブログアンテナ / TOPに戻る

  • このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。
  • 当ブログ記事の2ch系まとめサイトへの無断転載を禁じます。
  • 投稿した記事内容は私的なものであり、所属する組織・団体に関連性はありません。
  • Loxley-Noteは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

(C)LOXLEY-NOTE