Gamer Blog [Loxley-Note]

ゲーム・自作PC・動画などの記事を中心としたサブカルチャーブログです。たぶん。

過去作をプレイしていないナンバリングタイトルは買いにくい

当ブログへのご来訪まことにありがとうございます。

4gamerの記事を読んでいると、昔気に入って遊んでたゲームのナンバリングタイトルが紹介されていました。

サモンナイトシリーズ

初代PSで遊んでいた「サモンナイト」もシリーズ6作目が発売予定なんですね。

今回明らかとなったのは,本作の舞台となる繭世界にやってくる,新たな6人のキャラクターに関する情報だ。シリーズ1作め「サモンナイト」からの登場となる彼らだが,そのうちのひとりである「ハヤト」は魔王に乗っ取られた状態で,繭世界へと召喚されるのだという。この状態のハヤトが主人公たちと,どのように関わっていくのだろうか。

初代キャラも登場するなら久々にサモンナイトやってみるかー・・・とはいかないんですよ、これが。なにしろ6作目。間がどんなことになっていたのかわかりません。非常に手を出しにくいです。

サモンナイト6│バンダイナムコエンターテインメント公式サイト

続編でリスク回避 、しかし

日本一ソフトウェアのように新規IPを連発するような企業は少なくなっていて、現在では手堅くナンバリングタイトルを出してくるメーカーが多いです。リスク回避したいだろうからわからないでもないですが。

夜廻

夜廻

 

で、手堅いと思われるナンバリングタイトルですが、これもシリーズが進む毎に先細って行く感じですよね。シリーズナンバーごとに世界観だけ共有してストーリーは全く別物の作品なら売れていますけど。

洋ゲーの大作はこの手の(世界観だけ共有、でもストーリーは別の作品)が多く売れてます。CrysisシリーズとかFarCryシリーズとか。 

クライシス 3

クライシス 3

 
ファークライ4

ファークライ4

 

この先もサモンナイトの続きをやることはないのかな。PS Plusで過去作が配信されるといいんですけど。 

国内市場の動向

国内の据え置き・携帯機市場は10万本でヒット作らしく、そんな作品を複数タイトル出して確実に利益を重ねていくのが主流のようです。日本ファルコムなどがその典型例ですね。 

東亰ザナドゥ 通常版

東亰ザナドゥ 通常版

 

東京ザナドゥはほぼ新規層を取り込んでいるようですが、オールドゲームファンには「ザナドゥ」の名は特別なものがあります。これはうまいやりかただと思います。有名な過去作のタイトル名を使用しつつ、中身は新作であり、続編ではありません。

ちなみに本作は現在10万本を超えるヒット作になっています。

ナンバリングより平行展開を望む

ライトノベルのヘヴィオブジェクトのように最初の一作目を読めばあとはどの巻から読んでもいいですよ、的な作品展開をゲームでもやってほしいところです。

ヘヴィーオブジェクト (電撃文庫)

ヘヴィーオブジェクト (電撃文庫)

 

書籍の場合はナンバリングあったほうがわかりやすいわけですが・・・。(=ω=)

PS Plusで新作発売前に過去タイトルを試せることもある

PS Plusだと新作が発売される前に過去作品がフリーダウンロードタイトルとして配信されることがありますね。 

東京新世録 オペレーションアビス

東京新世録 オペレーションアビス

 

エクスペリエンスの3DダンジョンRPGシリーズもPS Plusで配信されましたし、過去作品を遊んでいない方にはチャンスだったと思います。  

PlayStation Plus 12ヶ月利用権(自動更新あり) [オンラインコード]

PlayStation Plus 12ヶ月利用権(自動更新あり) [オンラインコード]

 

↑12ヶ月利用権だとちょっとお得です。 


調べるブログ(サブブログ) / YouTube Loxley Channel / エフエフアンテナ / FF14アンテナ / FF11ブログアンテナ / TOPに戻る

  • このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。
  • 当ブログ記事の2ch系まとめサイトへの無断転載を禁じます。
  • 投稿した記事内容は私的なものであり、所属する組織・団体に関連性はありません。
  • Loxley-Noteは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。