Gamer Blog [Loxley-Note]

ゲーム・自作PC・動画などの記事を中心としたサブカルチャーブログです。たぶん。

両極端の評価になった?「ドラクエ10バージョン3.0」と「FF14パッチ3.0」の拡張パッケージ

Sponsored

ドラクエ10を休止して4カ月ほど経ちました。その後FF14を再開しましたがここまでの両タイトルの所感を書いてみようと思います。

スカスカだったドラクエ10バージョン3.0

バージョン2.0をクリアし、バージョン3.0を購入したもののあっという間に終わってしまったバージョン3.0。ボリュームがとても少なかったですね。そのまま課金をやめてしまいました。

ドラクエ10バージョン3.0がスカスカだったので休止して、FF14を再開したんですよね。ちょうど拡張パッケージの発売日が近かったので。

 

ボリュームは多かったFF14パッチ3.0

6月末に発売されたFF14の拡張パッケージ「蒼天のイシュガルド」はけっこうなボリュームがあり、ライト層なら本編だけで一ヶ月は遊べそうなボリュームでした。これに本編クリア後のコンテンツも用意されていたので大満足でした。

ところが、そのFF14はその後ハイエンドコンテンツを実装するとアップデートがピタリと止まります。

週制限のある禁書集めはしんどかったです。同じIDをぐるぐる回ることを繰り返してこれは本当にMMORPGなのかと。(=ω=)<MOの周回プレイより退屈です。

IDが二つしかないんですよね、エキスパートルーレット・・・。

この状況がパッチ3.1がリリースされる11月上旬まで続くようです。

 

そしてその後は

この二作はこの後両極端とも言っていいような展開を迎えます。

ドラクエ10は新コンテンツや調整を継続的に入れてユーザーの信頼を取り戻し、FF14はリリース直後こそ新コンテンツを実装したものの、微妙な修正だけ行ってユーザーを放置します。FF14の方は公式の配信で人気声優さんに「やることがない」と言われてしまいます。 

公式で配信されていた時の一コマ

祖堅氏「ヌシ釣りでもやったら・・・」

人気声優「なんでヌシ釣りなんかやらないといけないの!」

この人気声優さん、ガチプレイヤーでしてレイド(零式)通いを固定でやってるんですよね。

ドラゴンクエストX オールインワンパッケージ [ダウンロード]

ドラゴンクエストX オールインワンパッケージ [ダウンロード]

 
ファイナルファンタジーXIV: 蒼天のイシュガルド [ダウンロード]

ファイナルファンタジーXIV: 蒼天のイシュガルド [ダウンロード]

 

今後のアップデートに備えて、アップデートパスとして拡張パッケージを買ってもらうドラクエ10のやり方と、ある程度の規模を入れた上で発売し、しばらく(五か月ほど)放置するFF14。どちらの方針が良かったのでしょう。プレイヤー的には両者のいいとこ取りが良いのですが。(=ω=)

現状日本のみの展開となっているドラクエ10はともかく、FF14は他言語対応もしており開発スピードはさらに落ちていきそうです。現状で5カ月放置なようなものですし。

欧州に新たにDCを用意し、レスポンスの改善に努めたようですが、このバージョンアップ速度だと早々に飽きられるのではないかとも思えるんですよね。

とは言うものの、ドラクエ10の拡張パッケージの「アップデートパスに金を払い、拡張パッケージそのものはスカスカ」な商売よりもFF14の「拡張パッケージだけでもある程度のボリュームを用意する」方針のほうが誠実さが見えますね。これはFF14プロデューサー兼ディレクターの吉田氏の考えがよいのだと思います。(だったらアップデートも3ヶ月に一回続けてほしいんですが・・・)

同じ会社が提供しているMMOでこんなに違いがあるのも珍しいですよね。課金ジャブジャブ方式に走らず第一世代の課金方法(月額+キャラクターの強さやゲームの進行に影響しないアイテム販売のみ)を粛々と継続しているFF14に好意的なプレイヤーはけっこういると思います。ドラクエ10はちょっとアイテム課金に走り過ぎかな。

 

なぜ同じ年に拡張パッケージを出したのか

これほどの大作ゲームの拡張パッケージを、同じ年の近い時期に発売するといろいろともったいないので(片方はスカスカディスク、片方はアップデート放置)リリース時期を考えてほしいなーとも思います。決算的にもバラけてたほうがいいんじゃないかな。オンラインゲームは一応黒字で収益の柱なんだし。

同じ年にした理由はスマホゲーに対抗してPC・CSオンラインゲームプロダクトがこれだけ利益を出している、と採算を見せたかったのでしょうけど。(FF14PLL中、吉田氏と斎藤氏が取締役会で一緒に戦っているという発言があります)

FF14は欧州DC開設、ドラクエ10は海外展開やプラットフォーム追加(PS4やNXなどの他機種展開向け開発)で予算が必要だったからでしょうね。

今年度の決算期には両プロダクトとも最高益を出すでしょうし、次回の拡張パッケージ開発資金につながっていくのだと思います。 

 


調べるブログ(サブブログ) / YouTube Loxley Channel / エフエフアンテナ / FF14アンテナ / FF11ブログアンテナ / TOPに戻る

  • このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。
  • 当ブログ記事の2ch系まとめサイトへの無断転載を禁じます。
  • 投稿した記事内容は私的なものであり、所属する組織・団体に関連性はありません。
  • Loxley-Noteは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。