Gamer Blog [Loxley-Note]

スクエニ・任天堂のゲームを中心としたサブカルチャーブログです。たぶん。最近はFF14の記事中心です。

『FF14』プレイ日記(101)「クエスト:青き鎧の猛者」

Sponsored

ファイナルファンタジー14プレイ日記です。

f:id:Loxley:20150922134729j:plain

魔大陸アジス・ラーに上陸した一行は誘導システムの案内に従い、教皇を追っています。

誘導システムが侵入者がいることを告げてきます。どうも大人数からなる部隊のようです。

※以下、メインクエストストーリーの内容(ネタバレ)を含みます。

誘導システムの後をついていくと帝国軍の戦艦が応急修理をしていました。一行は帝国軍の軍勢を発見します。 

f:id:Loxley:20150922134736j:plain

軍勢は帝国の第VI軍団でした。

f:id:Loxley:20150922134743j:plain

帝国は蛮神を封じる技術の奪取を目的としていました。

暁の賢人達は蛮神を封じる技術について議論しますが、封じられた蛮神は負の感情を膨らませ続け、やがて大いなる災いをもたらすと結論づけます。

クエスト「青き鎧の猛者」

f:id:Loxley:20150922134749j:plain

帝国軍は後回しにし、まずは教皇を追うことを優先した一行ですが、魔科学研究所への視察を続行するため侵入者である帝国軍の排除を要請されます。一行は帝国軍を排除しますが、通信が途絶えた部隊を探しに来た帝国兵と戦闘になります。

f:id:Loxley:20150922134755j:plain

その中には軍団長レグラ・ヴァン・ヒュドルスもいました。

f:id:Loxley:20150922134801j:plain

なめプしてると結構強いです。遠隔DPSはDoT削りしつつマラソン推奨です。正面から殴り合いするとかなり痛いです。(=ω=)

機工士はガウスバレルONでも移動しながら攻撃できるアビリティが充実しているのでマラソンしながら削りました。

f:id:Loxley:20150922134807j:plain

戦闘途中でレグラ・ヴァン・ヒュドルスは戦闘を中止し、

f:id:Loxley:20150922134814j:plain

部下に時間稼ぎを命じます。

f:id:Loxley:20150922134823j:plain

冒険者を先に行かせ、エスティニアン達はここで帝国軍を食い止める判断を下します。

エスティニアンからは「竜の眼」を預かります。

f:id:Loxley:20150922134830j:plain

おしゃべりはここまで、早く行くように促すヤ・シュトラ。

デルタ管区へ

f:id:Loxley:20150922134835j:plain

転移システムを起動して教皇を追いかけます。

f:id:Loxley:20150922134841j:plain

デルタ管区、ドラゴン族制御実験区画にたどり着きました。

古代アラグ帝国はドラゴン族も従えていたようで、この管区には南方大陸「メラシディア」で捕らえたドラゴン族が飛び回っていると誘導システムは説明してきます。(続く)

蒼天のイシュガルドのNPC共闘システムをぜひソロプレイに活かしてほしい

蒼天のイシュガルドではNPCと共に闘う戦闘がありますが、このシステムを活かしてIDにもソロで挑戦できるようにしてほしいですね。(レベル制限解除ではなくて)

ZWクエストの周回もヤ・シュトラ、アルフィノと巡るソロプレイならそんなに抵抗ないのですけどねー。夜遅くに帰ってきたサラリーマンプレイヤーに支持される気もしますよね。(=ω=)


調べるブログ(サブブログ) / エフエフアンテナ / FF14アンテナ / FF11ブログアンテナ / TOPに戻る

  • このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。
  • 当ブログ記事の2ch系まとめサイトへの無断転載を禁じます。
  • 投稿した記事内容は私的なものであり、所属する組織・団体に関連性はありません。
  • Loxley-Noteは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。