Gamer Blog [Loxley-Note]

スクエニ・任天堂のゲームを中心としたサブカルチャーブログです。たぶん。

【FF14】プレイ日記(82)「クエスト:地脈を彷徨い」

Final Fantasy XIVプレイ日記です。

f:id:Loxley:20150815191446j:plain

前回、地脈の中を彷徨い続けているであろうヤ・シュトラを救うため、カヌ・エ・センナに協力を頼もうとグリダニアにやってきた一行です。

【FF14】プレイ日記#81「エーテルを辿って」 - FF14機工士の冒険譚[Loxley-Note]

カヌ・エ・センナは「不語仙の座卓」で会ってくれるそうで早速向かいます。

※以下、メインクエストストーリーの内容を含みます。

カヌ・エ・センナと会見 

f:id:Loxley:20150815191452j:plain

アルフィナはカヌ・エ・センナに急な会見となったことを詫び、暁の仲間の救助に協力してほしいことを告げます。

f:id:Loxley:20150815191508j:plain

アルフィノの話を聞き、地脈を彷徨っているであろうヤ・シュトラの行方を探すには、森の大精霊に尋ねるしかないとカヌ・エ・センナは答えます。しかし、それにはひとつ問題があるそうで・・・。

精霊と人の存在の違い

その問題とは精霊と人の存在の違いに由来するものであるとカヌ・エ・センナは語ります。 

f:id:Loxley:20150815191516j:plain

「精霊と人の存在の違い?」

聞きなれぬ言葉に思わず問い返すアルフィノ。 

f:id:Loxley:20150815191524j:plain

人が他者を認識するときは、姿や声で違いを知り、名を付けることで区別します。

しかし、純粋なエーテル体ともいうべき精霊は、エーテルの輝きや揺らぎを認識するそうです。彼らの声が人の耳に届かないのも、空気の揺らめきによる音に頼らないからだ、とのこと。

そういえばそんな話がグリダニアの序盤のクエストでもありましたね。見えないし、聞こえない精霊を「いないもの」として扱う子供の話しだったかな?('ω')

タタル、閃く

で、エーテル体となって地脈を彷徨っているヤ・シュトラを探すのはかなり困難なようです。彼女によく似たエーテルを知ることができれば、あるいは・・・。

f:id:Loxley:20150815191532j:plain

ここでタタルが心あたりがあると発言します。 

グリダニアにはヤ・シュトラの妹さんがグリダニアに滞在しているそうです。

f:id:Loxley:20150815191540j:plain

カヌ・エ・センナにヤ・シュトラの妹をエバーシェイドまで連れてくるよう依頼されました。

じつはヤ・シュトラの妹、ヤ・ミトラは冒険者の知り合いでした。召喚士クエストでいつも一緒にあちこち行ってますもんね!

【FF14】冒険記「ヤ・ミトラさんと行く荒行(召喚士ジョブクエスト:業火の召喚獣)」 - FF14機工士の冒険譚[Loxley-Note]

ということでアプカル滝に向かいます。

f:id:Loxley:20150815191547j:plain

ヤ・ミトラに暁の状況とや・シュトラ捜索の話をする一行です。

ヤ・ミトラも姉がクリスタルブレイブに追われていることを知って、財団の仲間を通じて探していたそうです。 

協力を承諾したヤ・ミトラを連れてエバーシェイドに向かいます。

f:id:Loxley:20150815191554j:plain

ラヤ・オ、 ア・ルンにも手伝ってもらい、地脈を彷徨っているヤ・シュトラの捜索が開始されました。

しばらくして、エーテル体となったヤ・シュトラを見つけたカヌ・エ・センナは地脈を開き、

f:id:Loxley:20150815191601j:plain

無事、ヤ・シュトラを救い出しました。 

f:id:Loxley:20150815191611j:plain

カーラインの宿に部屋を用意してあり、そちらに運ばれます。 

f:id:Loxley:20150815191617j:plain

無事、ヤ・シュトラを救い出し、ホッとする一行です。 

f:id:Loxley:20150815191626j:plain

ヤ・シュトラの回復を待つことになりました。(続く)

ちょっと笑ってしまったツイート

FF14もそろそろWindows10対応作業の報告がされる頃ですが、

新OSだけにいろいろ問題抱えてますね。 

「なんか起きたよ!」メッセージが笑えます。(=ω=)


調べるブログ(サブブログ) / エフエフアンテナ / FF14アンテナ / FF11ブログアンテナ / TOPに戻る


  • このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。
  • 当ブログ記事の2ch系まとめサイトへの無断転載を禁じます。
  • 投稿した記事内容は私的なものであり、所属する組織・団体に関連性はありません。
  • Loxley-Noteは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

(C)LOXLEY-NOTE