Gamer Blog [Loxley-Note]

ゲーム・自作PC・動画などの記事を中心としたサブカルチャーブログです。たぶん。

GeForce GTX960 4GBモデルの有効性

当ブログへのご来訪まことにありがとうございます。

GeForce GTX960 4GBモデルの評判は(ショップの提灯記事を除いて)あんまりよくありません。メモリ帯域が狭い中、4GBものVRAMが使い物になるのか?というのが自作マニアの認識です。 

GTX960 4GBモデルでも効果があるケース

ところが、GTX960 2GB・4GBモデルを比較してある動画を見たところfpsが10%以上違うんですね。

f:id:Loxley:20160421220955j:plain

重量級のゲームだとメモリ帯域が狭くてもVRAM 4GBが有効に使えているようです。

これは認識を改めないといけないかな。(=ω=)

 

しかしその価格がネック 

小型・省電力でありながらFullHD環境でそこそこのポテンシャルを発揮するGTX960 4GBですが、その価格が微妙なんですね。もうちょっとがんばればGTX970が買えてしまうので。

FullHD環境や、mini-itxでゲーミングマシンを組むのならGTX960 4GBはなかなかいい選択だと思います。

後述しますがFullHDでもVRAMは3GB以上あったほうがいいです。 

 

GTX960の価格帯 

ZOTAC GeForce GTX 960 4GB AMP Edition グラフィックスボード VD5709 ZTGTX96-4GD5AMP01

ZOTAC GeForce GTX 960 4GB AMP Edition グラフィックスボード VD5709 ZTGTX96-4GD5AMP01

 
MSI GTX960 GAMING4G グラフィックスボード VD5698 GTX960 GAMING4G

MSI GTX960 GAMING4G グラフィックスボード VD5698 GTX960 GAMING4G

 

2GBモデルだと2万円前半で買えますが、4GBモデルは3万円半ばのものが多いですね。(8月6日時点の最安値で3万円前半でした)  

 

GTX970の価格帯

対して、GTX970は4万円前半の価格設定になっており、店舗のセールによっては3万円後半で買えるようです。 

一時期3.5GB問題が話題になりましたが、大量のMODを読みこませたり、WQHD以上の解像度で重量級ゲームをグラフィック最高設定で動かさない限りはレアケースだと思います。

 

VRAMは多い方がいい

過去、GTX670 2GBモデルでWATCH_DOGSをプレイしたとき、あまりの重さに投げ出したことがあります。このくらいの重量級ゲームだとVRAM3GBはほしいですね。 

ウォッチドッグス(日本語版) 通常版 [ダウンロード]

ウォッチドッグス(日本語版) 通常版 [ダウンロード]

 

↑重量級ゲーム、VRAM 2GBだと厳しい。

 

新モデル登場! 

8月1日にMSIからGTX960 4GB OCモデルが発売されました。早速Amazonのほしいものリストに入れておきました。

安いところで3万円前半くらいなのでちょうどGTX960 2GB~GTX970の中間くらいの価格設定ですね。決算期の特価を待とうかな。

 

追記:「Fallout4人気でGTX970が売れまくっています」(2015年11月22日)

Fallout4人気で北米市場でGTX970以上のビデオカードが飛ぶように売れているようです。逆にGTX960以下のビデオカードは在庫になっているのか価格が下がっており、Amazon.com調べでGTX960 2GBが$166.99になっていました。GTX960 4GBだと国内は北米より安い価格設定です。

Fallout4日本語版がリリースされる12月になると、日本でもGTX970以上が品薄になりそうでしばらくは値崩れが起きそうにないですね。決算セールを待って購入したほうがいいかもしれません。 

Fallout4

Fallout4

 

Fallout4 PC/日本語版は12月17日発売です。

 

追記:「StarWars BattlefrontでGTX960 4GBモデル押し」(2015年11月29日)

StraWrasバトルフロントでGTX960 4GBの検証を行っている記事がありました。引用します。

StarWarsバトルフロントにベストなVGAは4GB版GTX 960だ - AKIBA PC Hotline!

Star Warsバトルフロントを1,920×1,080ドットの画面解像度で遊ぶなら、GeForce GTX 960はちょうどよいパフォーマンスを持ったGPUだ。ただし、Star WarsバトルフロントはVRAMを多く使用するゲームであるため、GeForce GTX 960の標準仕様である2GBのVRAMでは心許ない。万全を期するなら、4GBのVRAMは欲しいところだ。

FullHDでもVRAM3GBくらいは必要になってきていますね。 

Star Wars バトルフロント [オンラインコード]

Star Wars バトルフロント [オンラインコード]

 

追記:「新ミドルレンジビデオカードGTX1060登場」(2016年7月31日)

NVIDIAの新GPU「GTX1060」が発売されたのでZOTAC製ビデオカードを購入してレビューしました。

loxley-note.hatenablog.jp

 


調べるブログ(サブブログ) / YouTube Loxley Channel / エフエフアンテナ / FF14アンテナ / FF11ブログアンテナ / TOPに戻る

  • このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。
  • 当ブログ記事の2ch系まとめサイトへの無断転載を禁じます。
  • 投稿した記事内容は私的なものであり、所属する組織・団体に関連性はありません。
  • Loxley-Noteは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。