読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Gamer Blog [Loxley-Note]

ゲームを中心としたサブカルチャーブログです。スクエニ・任天堂のゲーム中心ですが、たまにSteamと自作PCネタも書いてます。

『FF14』プレイ日記#54「ウルダハの目覚め」

当ブログへのご来訪、誠にありがとうございます。

FF14プレイ日記です。

f:id:Loxley:20150714022001j:plain

シルバーバザーからウルダハへとやってきた一行は、不滅隊に復帰したラウバーンの指示を受けた騎士達に話しかけ、通してもらうことができました。

(以下、メインストーリーのネタバレがあります)

f:id:Loxley:20150714021821j:plain

昏睡状態のナナモ陛下に秘薬を飲ませると、 

f:id:Loxley:20150714022018j:plain

目を覚ましました。

f:id:Loxley:20150714022024j:plain

ラウバーンはナナモ陛下に優しく語りかけます。

とてもいいシーンでした。ラウバーンの声役の安元氏の演技が素晴らしい。('ω')

 

帝国の新たな動き

f:id:Loxley:20150714022032j:plain

御殿医の診察の結果、もう安心とのことです。

冒険者一行と砂蠍衆が会議室に集まっています。

f:id:Loxley:20150714022039j:plain

ロロリトの言動に何かを感じ取ったアルフィノは問いかけます。 

f:id:Loxley:20150714022047j:plain

ロロリトは帝国の情報をつかんでおり、「アグリウス」の後継艦について話し始めます。 

f:id:Loxley:20150714022057j:plain

新皇帝ヴァリスが動き出す日もそう遠くはないでしょう。

帝国の脅威に対する体制固めが急務になりました。 

 

アルフィノの決意

f:id:Loxley:20150714022105j:plain

会見が終わった冒険者はアルフィノからクリスタルブレイブを解体すると伝えられます。アルフィノと冒険者に賛同していた者については今後の身の振り方をともに考えていくことにしたようです。 

イルベルド達、逃亡中の者たちはエオルゼア同盟から手配されることでしょう。 

自分が発足させたクリスタルブレイブ隊員の離反はアルフィノを落ち込ませました。自分の甘さと驕りが招いた結果なのだと気が付きます。

f:id:Loxley:20150714022111j:plain

そして、アルフィノは冒険者の姿を見て思いました。

自分の足で立ち、歩み続けようと。諦めずに戦い抜こうと。

未だ行方の知れないミンフィリアや、仲間を探し出し、再び「暁」の火を灯そうと。

アルフィノは「暁」の血盟員のひとりとして学び、戦い、歩んでいくことを決意します。

 


アルフィノの言葉にこの曲を思い出しました。

迷いながら 悩みながら 悔みながら

決めればいいさ

君がくれた言葉一つ 戸惑いは消え去り

空っぽだった僕の部屋に 

光が射した

「蒼天のイシュガルド」では「新生エオルゼア」ではあまり重要視されていなかったNPC各人の背景や抱えているもの、思想等が深く掘り下げて描写されており、それが骨太のストーリー展開を支えているのだと思います。

 

COLORS

COLORS

  • アーティスト: FLOW,Kohshi Asakawa,Takeshi Asakawa,Keigo Hayashi,KOICHI TSUTAYA
  • 出版社/メーカー: キューンミュージック
  • 発売日: 2006/11/08
  • メディア: CD
  • 購入: 1人 クリック: 33回
  • この商品を含むブログ (116件) を見る
 

調べるブログ(サブブログ) / ゲーム用周辺機器を探す(Amazon) / エフエフアンテナ / FF14アンテナ / FF11ブログアンテナ / TOPに戻る

  • このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。
  • 当ブログ記事の2ch系まとめサイトへの無断転載を禁じます。
  • 投稿した記事内容は私的なものであり、所属する組織・団体に関連性はありません。
  • Loxley-Noteは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

(C)LOXLEY-NOTE