Gamer Blog [Loxley-Note]

ゲーム・自作PC・動画などの記事を中心としたサブカルチャーブログです。たぶん。

GeForce GTX TITAN Xの予約開始

Sponsored

一部ショップでGTX TITAN Xの予約が始まったようです。

akiba-pc.watch.impress.co.jp

 

4K解像度で実力を発揮

www.4gamer.net

4Gamer誌がTITAN Xをレビューしていますが、その性能は圧倒的です。

Crysis3の結果を見ると

http://www.4gamer.net/games/204/G020420/20150316083/TN/026.gif

あの重いゲームのしかも高負荷設定でこのfps・・・。

※画像は4Gamer誌の引用です。

 

SLI/CFXは効率が悪いのでシングル性能が高いものが好まれる

NVIDIAの複数GPUを接続して性能を上げる技術「SLI」はじつはそれほど効率はよくありません。ライバルのAMDの技術「CFX」のほうが効率はよいですがこちらは対応タイトルが少なく。

PCゲーマー、それもコア層はトラブルを避けてシングルGPUでできるだけ高性能なものを購入するんですよね。だからTITAN Xのような高価なビデオカードも需要があります。

某大手掲示場の自作掲示板を見るとわかりますが、自作好きはSLIやCFXを好み、対してFPSの上級者はシングル性能の高いビデオカードを利用するか、あるいはビデオ設定を少し落としてプレイします。

これは自作で起こったトラブルまで楽しむ層(あるはベンチマーク好き)と、できるだけ安定した環境でプレイしたコアゲーマー層の違いですね。(それぞれ目的が違います)

 

私もFPSを始める前はSLI環境を好んで組んでいましたが、最近は安定優先でシングルGPU(ミドル~アッパーミドル)で遊んでいます。ゲームのスコア優先というかんじですかね。('ω')<金をかけても強くはなれないのがFPSです。

 

※SLI/CFXについては↓にも記事を書いています。

SLI/CFX - オンラインゲームブログのLoxley-Note

 

現実的な選択としては 

値段の下がったGTX980を買っておいて、ドライバが安定したら追加してSLI構成に、でいいのはないでしょうか。コストパフォーマンス的には無難だと思います。

SLIが不安定なのは初期のドライバや新しいタイトルですし、人気タイトルなら早めに対応してきます。この対応の早さがNVIDIAの強みですね。

MSI GTX 980 GAMING 4G グラフィックスボード VD5504 GTX 980 GAMING 4G

MSI GTX 980 GAMING 4G グラフィックスボード VD5504 GTX 980 GAMING 4G

 

 

追記:2015年3月22日

akiba-pc.watch.impress.co.jp

一部ショップでは販売を開始していたようです。

お値段16万円を超えてます。

 

GIGABYTE ビデオカード GTX TITAN X搭載 GV-NTITANXD5-12GD-B

GIGABYTE ビデオカード GTX TITAN X搭載 GV-NTITANXD5-12GD-B

 

調べるブログ(サブブログ) / YouTube Loxley Channel / エフエフアンテナ / FF14アンテナ / FF11ブログアンテナ / TOPに戻る

  • このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。
  • 当ブログ記事の2ch系まとめサイトへの無断転載を禁じます。
  • 投稿した記事内容は私的なものであり、所属する組織・団体に関連性はありません。
  • Loxley-Noteは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。