Gamer Blog [Loxley-Note]

ゲーム・自作PC・動画などの記事を中心としたサブカルチャーブログです。たぶん。

スマホの基本無料アイテム課金ゲームについて思うこと

Sponsored

スクエニが基本無料、アイテム課金のスマホゲーム(ファイナルファンタジーシリーズ)をリリースしたので、


『ファイナルファンタジーレジェンズ 時空ノ水晶』が配信開始!記念キャンペーンも開催 - 週アスPLUS

 

ちょっとやってみたんですが、けっこう面白いですね。

作りもしっかりしてます。グ○ーやモ○ゲーのようないわゆる射幸心を煽るだけのパクリゲーではないです。さすがはスクエニといったところ。

が、ストーリーを進めていくとやたらと課金させようとする仕組みが多いんですよね。ボタンを押すと「買う」「買う」「買う」、こればかり。

敵を倒すと宝箱が出現するんですが、「全部開ける」を選ぶには課金が必要なようで、そこからダイアログが表示され、課金に誘導になります。

 

海外F2Pゲームだと先に課金があってアイテムパックやら用意してゲームを始めることが多いのですが(いわゆるゾンビゲーがこの方式)、スマホゲームだとゲーム内で課金があるため、

  • 「ゲーム内で貯めた通貨」で買えるのか
  • 「アイテム課金」で買えるのか

これが判別つきにくいです。慣れた人なら、安いのだから買っちゃえばいいじゃん、なのかもしれませんけど。

 

もうひとつ、同じ日にリリースされたリトルノアというRTSゲームもあるのですが、こっちはさらに課金がわかりにくいです。(いらないのかもしれませんが)

このゲームもゲーム内のメニューから購入がありますが、ゲーム内通貨での購入なのか、アイテム課金なのか判別つかなくてちょっと購入をためらってしまいます。面白そうだけど、結局序盤だけプレイしてアンインストールしました。(これがゲーム内通貨でなくて現実のお金だと思うと、桁が多いだけに怖い)

 

F2PはPCかCS機でやるのがいいです。課金体系とシステムがわかりやすいので。

 

課金ジャブジャブ言っちゃった件

そういえばD○M社がプレイヤーに課金ジャブジャブさせるといった内容のテキストを見せてしまったんでしたっけ(検索すると2chまとめだらけだったのでリンクは貼りません)。こういう騒ぎを見てしまうと、ゲーム内通貨とアイテム課金をわかりにくくしているのも故意にやってるのではないかと勘ぐってしまうわけです。

 

商売なので、基本無料・アイテム課金ももちろんありですが、体験版+続きは製品を買ってね、でもいいわけでそちらを選択してくれるメーカーが増えてほしいところです。(でも儲かるのは射幸心を煽るアイテム課金ゲーなのですけどね)

 

そういえばFPSゲームのBattlefield Hardlineもゲーム内では$が使われていたので、(たとえ現実のお金でなくとも)危険を感じて製品の購入はやめました。

あの$表記された装備類が現実のお金にされたらと思うと身構えてしまうんですよね。ゲーム内の通貨はドラクエみたいに「ゴールド」を使うか、ファイナルファンタジーみたいに「ギル」の表記をしていたほうが安心です。

 

ゲーム内通貨に「円」とか「$」の表記はちょっと不安になります。そのアカウントがクレジットカードやPayPalに紐づいているだけに。こういった点が、その昔の任天堂がオンラインゲーム参戦に躊躇していた理由なんではないかと思います。

 

客観的に見ても基本無料+アイテム課金て怖いですよね、底なしです。最近だと重課金トラブルがニュースになることも少なくて、ユーザー側も慣れてしまっているのではないかと不安に思います。

ただ儲かってるゲーム会社はこの分野でうまく稼いでいる企業ばかりなんですよねー。で、欧米と比べてゲームの進化が止まってるっていう。


調べるブログ(サブブログ) / YouTube Loxley Channel / エフエフアンテナ / FF14アンテナ / FF11ブログアンテナ / TOPに戻る

  • このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。
  • 当ブログ記事の2ch系まとめサイトへの無断転載を禁じます。
  • 投稿した記事内容は私的なものであり、所属する組織・団体に関連性はありません。
  • Loxley-Noteは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。