Gamer Blog [Loxley-Note]

スクエニ・任天堂のゲームを中心としたサブカルチャーブログです。たぶん。

【FF14】新生エオルゼア冒険記(295)「クエスト:押収された武器」

FF14冒険記をお届けします。

メインクエスト、「希望の灯火」続きです。


イルベルドの行動に疑問を感じつつも、


ウルダハへ押収された武器を運ぶよう依頼を受けました。
ザル回廊にいる第三分隊の「ユユハセ」というグリスタルブレイブの隊員に渡すようです。

 

ウルダハに到着し、ユユハセを見つけて押収武器を渡しました。

 

アリアヌ分隊長は疑問に思う

しかし、一緒にいたアリアヌ分隊長は押収武器が情報と違い、少ないことについて疑問に思ったようです。
その場にいた隊員から、成果は上げられたので問題ないということでこの疑問はひとまず置いておくことになりました。


ユユハセは不滅隊に報告するため去りました。
こちらも引き返すかと思ったところに、


リオルから声をかけられます。
指定の場所、サファイアアベニュー国際市場に移動します。


周囲が騒がしい方が声がかき消されて都合がよいそうです。
一体何の話でしょうか?

リオルは闇商人の取引について気になることがあるようで、取引場所での出来事を説明することになりました。

こちらの報告した内容と第一分隊の報告に齟齬があるようです。
リンクパール通信で第一分隊と話したリオルは、(第一分隊が)取引相手の盗賊団を取り逃がした情報を得ていました。

そして、冒険者はその盗賊団を見ていません。

そもそも本当にそんな連中がいたのだろうか?
という疑問をリオルは投げかけてきます。

先ほどのアリアヌの疑問、押収武器が少なすぎる件も気になるようです。

  • 姿の見えない取引相手
  • 少なすぎる押収品
  • 殺された闇商人


これらははたして偶然なのでしょうか?

さらにもうひとつ気になる情報をリオルは伝えてきました。
第一分隊と第三分隊には本部を経由してけっこうな額の資金が流れており、リオルはこの件を追ってみる気のようです。

話が終わったところに、リンクパールへ呼び出しがかかります。


タタルからでした。
急ぎ石の家に戻ってきてほしいそうです。


テレポでモードゥナに飛び、石の家に入ります。
タタルに話しかけると、イシュガルドから客人が来ていると伝えられました。

今回の追加メインクエストは登場人物のセリフが多いですね。(=ω=)


次回に続きます。


調べるブログ(サブブログ) / エフエフアンテナ / FF14アンテナ / FF11ブログアンテナ / TOPに戻る


  • このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。
  • 当ブログ記事の2ch系まとめサイトへの無断転載を禁じます。
  • 投稿した記事内容は私的なものであり、所属する組織・団体に関連性はありません。
  • Loxley-Noteは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

(C)LOXLEY-NOTE