Gamer Blog [Loxley-Note]

ゲーム・自作PC・動画などの記事を中心としたサブカルチャーブログです。たぶん。

【FF14】新生エオルゼア冒険記(288)「冒険者、闇の世界に赴く(後編)」

Sponsored

FF14冒険記、「闇の世界(後編)」をお届けします。

loxley-note.hatenablog.jp


で暗闇の雲を退けたので、闇の世界に捉われている3人を探します。

グ・ラハ・ティアが名を叫ぶと、応える声がありました。
しかし、

(以下、ネタバレのためMOREにしています)
ネロは傷を受けすぎ、体内のエーテルが乱れ、


闇の世界に浸食されていました。
先に捉われた二人を助けるため、傷を受けたようです。

暗闇の雲が消耗している今、ザンデとの契約を破棄するチャンスですが、アラグ皇族の血を引く二人には戻ってきてもらわないといけません。

そこにウネが語りかけます。


グ・ラハ・ティアにはアラグ皇族の血が流れているようです。


ウネとドーガの二人から血を分け与えられるグ・ラハ・ティア。


ウネから落し物を渡されるネロ。


脱出する3人ですが、ネロの浸食が思ったより進んでおり、脱出が遅れます。

ここでドーガとウネが契約の破棄に成功し、


ネロが再度脱出を試みます。

あとわずかのところで届かないか、と思われた時

シド登場


おいしいところをもっていかれますw

クリスタルタワーに戻って再会を喜ぶ一同です。


意味深なセリフを残すグ・ラハ・ティア。(フラグ


調査団のラムブルースに報告し、クエスト完了です。


ではまた次回に。


調べるブログ(サブブログ) / YouTube Loxley Channel / エフエフアンテナ / FF14アンテナ / FF11ブログアンテナ / TOPに戻る

  • このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。
  • 当ブログ記事の2ch系まとめサイトへの無断転載を禁じます。
  • 投稿した記事内容は私的なものであり、所属する組織・団体に関連性はありません。
  • Loxley-Noteは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。