読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Gamer Blog [Loxley-Note]

ゲームを中心としたサブカルチャーブログです。スクエニ・任天堂のゲーム中心ですが、たまにSteamと自作PCネタも書いてます。

【FF14】新生エオルゼア冒険記#252「斧術士クラスクエスト:乗り越えるべき壁」

当ブログへのご来訪、誠にありがとうございます。

FF14冒険記です。


マーシーストローク狙いで上げていた斧術士もLV25を超えました。
LV26でマーシーストロークを習得したらそのまま終わってしまってもよかったのですが、


せっかくだしクラスクエストを受けてみることにしました。





ギルドマスターと会話した後、幻術士さんに会いに行くことになりました。

 


低地ラノシア、モラビー造船廠近くのようです。


ソルクウィブさんがいました。


戦闘開始です。


まずは序盤。


あっさりと片付けて、


呼びかけてくる声が。


あそこまで登ったんですかね・・・。(=ω=)

 


また戦闘です。
倒すと、


ギルドマスターに似た人が降りてきました。
なんで登ってたんでしょう・・・?(=ω=)


ここから最後の戦闘です。


たぶん使ってくるだろうなーと予想していたブラッドバスはマラソンしてあっさり撃破しました。
このNPC幻術士のケアルは想像以上に遅いので当てにしない方がいいです。(=ω=;)
最近フェアリーの回復に慣れていたので、NPCの行動が当てにならなさすぎです・・・。


ひとこと言い残してギルドマスターに似た男は去っていきます。

 

 


斧術士ギルドに戻ります。

 


そこふれないでオーラを感じます。


報酬品の選択は、鎧を選びました。
この系統の鎧は初めて装着したんですが、想像以上に



ロボでした。(=ω=)



ではまた次回に。

いや、たぶんTankはやらないと思いますけど。(CFギスギス感MAXだし)


調べるブログ(サブブログ) / ゲーム用周辺機器を探す(Amazon) / エフエフアンテナ / FF14アンテナ / FF11ブログアンテナ / TOPに戻る

  • このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。
  • 当ブログ記事の2ch系まとめサイトへの無断転載を禁じます。
  • 投稿した記事内容は私的なものであり、所属する組織・団体に関連性はありません。
  • Loxley-Noteは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

(C)LOXLEY-NOTE