Gamer Blog [Loxley-Note]

ゲーム・自作PC・動画などの記事を中心としたサブカルチャーブログです。たぶん。

【FF14】新生エオルゼア冒険記(238)「冒険者、侵攻編1層のお手伝いに向かう」

Sponsored

FF14冒険記をお届けします。


週末になるとうちのFCでは、未クリアコンテンツのお手伝いに行っています。
この日は侵攻編1層のお手伝いでした。

 

 

 侵攻編は現在では難易度が緩和されています。



ブーケの即死級ダメージが緩和されたのが大きいですね。
蜂は緩和後も2匹目見たことありますけど・・・。




初見さんがいましたがムービーは急いで見るか、見てなくてスキップしているようです。

最近私も(初見時でも)ムービースキップするようになりました。
野良CFだと置いていかれること多いですし、移動中に戦闘が始まってることもざらです。

吉P<ムービー金掛けました(ドヤァ

現実には邪魔なだけで誰もみてないっていう。('Д')

開発とプレイヤーの求めるところが悲劇的(喜劇かも)にずれてる気がする今日この頃です。



侵攻1層も今ではゴーレムからやるのが普通になりました。
北部森林から突入してラフレシアで負けた人がいてゴーレムスキップ、とか懐かしいですね。

ラフレシアの戦闘はLB範囲殲滅でやりました。
正攻法が何なのか知らない私には、戦術なんて関係なく、
・ブーケでアクション禁止、AA禁止
・範囲攻撃で巻き込み注意
・視線切りと茨処理
あたりを気にしていればクリアできてしまいます。

ラフレシア周辺のスライム配置って意地悪いですよねー・・・。知らない頃は範囲攻撃してダメージ受けたものです。(´Д⊂


侵攻のドロップってなんでこうもスキルスピード+だらけなのか・・・。
詩人の参加率どうだったんでしょうね、野良だと。


以下は、所感です。

スクエニ開発陣には、もう少し海外のMMORPGをプレイしてユーザーを楽しませる術を学んでいただきたいです。
MMORPGの開発者募集にMORPG開発経験者を優先してるくらいだから人材的に厳しいのかな。

 
歌や範囲攻撃などそのジョブにとって看板ともいわれるようなアクションを封じて戦うケースがあるのはゲームとしてどうなのかなと思います。
「蒼天のイシュガルド」ではこういうのないといいですね。盛りだくさんだった時にはプロマシアの呪縛の再来ですね。
 
手始めにだるまさんが転んだやめましょう。つまらないです。('~')
 


ではまた次回に。



調べるブログ(サブブログ) / YouTube Loxley Channel / エフエフアンテナ / FF14アンテナ / FF11ブログアンテナ / TOPに戻る

  • このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。
  • 当ブログ記事の2ch系まとめサイトへの無断転載を禁じます。
  • 投稿した記事内容は私的なものであり、所属する組織・団体に関連性はありません。
  • Loxley-Noteは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。