Gamer Blog [Loxley-Note]

スクエニ・任天堂のゲームを中心としたサブカルチャーブログです。たぶん。最近はFF14の記事中心です。

【FF14】 新生エオルゼア冒険記(216)「FCで行く極リヴァイアサン討滅戦」

FF14冒険記です。



週末恒例のFCイベント、極蛮神戦未クリア者のお手伝いに行ってきました。

ダンシングララフェルズ


FCハウスに続々と集まってきます。



ララフェルでもけっこうサイズが違うようなので、


重なってみました。
座っていると、座高の違いが一目でわかります。



FCメンが揃ったところで、本日突入する極リヴァイアサン討滅戦の作戦会議が始まりますが、


いつものように先に祝杯が始まります。

吟遊詩人の私は極リヴァイアサン討滅戦が苦手でして、戦闘途中にパネルを操作して壊滅を防ぐギミックが何度か登場しますが、ここで範囲ダメージとか突進とか避けてパネルを操作しに走るわけです。が、操作中にダメージをくらって死んだり、後ろから押されて海ポチャしたりとなかなか悲惨な目に遭います。いや、操作が必要でなければ落ちないんですが。ヽ(;´Д`)ノ
極タイタン討滅戦とか得意な方だし・・・。(目が疲れなければ)

ここは皆忙しいせいか、操作に向かう人が少ないんですよね。
最悪、自分は戦闘不能になるだろうけどフェーズが進めばいいやーとパネルに向かってます。

今回は募集枠で参加したフレンドの召喚さんが一緒にパネルに向かってくれたので、

喜びのジャンプ 


見事勝利できました。(未クリア者でパネルに向かうとかすごいです)

パネルに向かうコースによってはグランドフォールが発生していて、直後に突進もあり即死コンボになるので危険なんです。安全なコースを走った方が操作して次のフェーズに進みます。
TPを使う物理攻撃職よりキャスターの方がスプリントが使える分だけ余裕があるかと思います。
グランドフォールや突進が終わるのを待っていて次に進めるかわかりませんし、多少危険でも操作に行っています。(たしか、野良パーティで誰も操作に行かずに壊滅したことがあったと思います)

と、このあたりは操作に向かう人しかわからない情報ですね。


報酬は、

美剣士(いつもの仮面騎士さんです)


剣・盾でした。
セットで出ることもあるんですね。
てっきりドロップ調整が入っているものだと思っていました。

スクエニの開発ならTankやHealerの装備はドロップしにくくしてコンテンツの延命くらいやるだろうなー、と思っていたのでセットで出たのは意外でした。


学者さんの本の内容は見たことがなかったのでSS撮影しました。
本も眩しくなっていきますが、目が疲れそうですね。
詩学装備になるとタブレットまで装着されてて重くなるんでしょう。角のダメージは大きくなりそうですがw



ではまた次回に。


調べるブログ(サブブログ) / エフエフアンテナ / FF14アンテナ / FF11ブログアンテナ / TOPに戻る

  • このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。
  • 当ブログ記事の2ch系まとめサイトへの無断転載を禁じます。
  • 投稿した記事内容は私的なものであり、所属する組織・団体に関連性はありません。
  • Loxley-Noteは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

(C)LOXLEY-NOTE