読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Gamer Blog [Loxley-Note]

スクエニ・任天堂のゲームを中心としたサブカルチャーブログです。たぶん。

【FF14】 新生エオルゼア冒険記(150)「木陰に隠れて」

FF14冒険記です。


追加メインクエスト「氷結の幻想」その続きです。

前回、アルフィノからイルベルドに協力するよう依頼されました。

早速イルベルドと合流します。


「写本師」と思われる人物について話を聞きます。

 


ウルダハムービーに出てくるあの美人さんですね。



そういえばこの人、カルテノーの戦いにはいませんでした。
戦後復興から参加したのでしょうか。
傭兵からも隊員を募っている不滅隊だと身元確認が他国と比べてずさんでしょうからね。

 

 


ロアユの跡を付けることになりました。

 


カーラインカフェでロアユを見失いました。(´・ω・`)


カーラインカフェ地下で待機する隊員から話を聞きますが、飛空挺に乗った様子はなさそうです。


 


分担して探すことになりました。

 

 

 


隊員にそれぞれ聞いて回りましたが、見かけていないようです。

 


イルベルドと合流しますが、収穫はなし。

と、そこに


商人風の男から話しかけられます。


追い払おうとしたイルベルドですが、相手の首元に気がつきます。


ドマの「忍びの者」でした。

間者として優秀な忍者がロアユを追っていました。

 


ロアユは変装して東部森林に向かったようです。


イルベルドと二人、東部森林に向かいます。


東部森林に到着すると二人を呼ぶ声が。


ユウギリ達がロアユを付けていました。


証拠をつかむまで手を出さないことになりました。


別件で協力を求められました。
南部森林で帝国に動きがあるようです。
ウルダハとグリダニアの国境にまで帝国兵が侵入してるってずさんな警備ですよね・・・。

 

 


南部森林に進出してきた帝国兵の目的はわかりました。

 


ロアユはユウギリ達に任せて、冒険者は南部森林に向かうことになりました。


クォーリーミルでドマの民の忍者と合流することになりました。


ではまた次回に。



調べるブログ(サブブログ) / ゲーム用周辺機器を探す(Amazon) / エフエフアンテナ / FF14アンテナ / FF11ブログアンテナ / TOPに戻る

  • このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。
  • 当ブログ記事の2ch系まとめサイトへの無断転載を禁じます。
  • 投稿した記事内容は私的なものであり、所属する組織・団体に関連性はありません。
  • Loxley-Noteは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

(C)LOXLEY-NOTE