読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Gamer Blog [Loxley-Note]

スクエニ、任天堂ゲームのファンブログです。たまにSteamと自作PCネタも。

【FF14】新生エオルゼア冒険記#143「皇都の特使」

FF14

当ブログへのご来訪、誠にありがとうございます。

FF14冒険記です。


引き続き、追加メインクエストを進めます。


モードゥナの石の家でアルフィノから新たなクエストを受注します。

 


あの氷結の幻想PVで出ていたイケメン騎士ですね。

冒険者も一緒に同席するように、とのことなのでミンフィリアに許可をもらいに行きます。


ミンフィリアは了承してくれました。


イシュガルドはこれまでエオルゼアの他の3国と協力せず、独自に行動していたのですが、何かあったのでしょうか。

 

 


エオルゼアの守護者でもちょっと出ていましたね、教皇。

 

 


エオルゼア3国とクリスタルブレイブ、暁はイシュガルドと協力体制を築きたいと考えています。


キャンプ・ドラゴンヘッドに向かうことになりました。


えー、あのオルシュファンさんと会談ですか。(´・ω・`)


ドラゴンヘッドまで移動が面倒なのでテレポします。
このときクルザスに出てからテレポすると安くなりますw


オルシュファンを囲む冒険者達。

今日はいろんなところに人が集まってますね。

 


きっぱり断りました。

 

 


アイメリク卿は既に到着しているようです。


会談場所に向かうと、ここにも人がいっぱいです。

 


アイメリク卿の登場です。


冒険者はついでに呼ばれたようです。


イシュガルド特使を説得するアルフィノです。


しかし、

 

 


イシュガルド側の返事はこれまでと同様で、協力はしない意向のようです。

 

 


帝国については静観するのがイシュガルド側の思惑のようです。

しかし、イシュガルドの特使としては、であってアイメリク卿個人で決断できることもあります。
ここでアイメリク卿の提案が始まりました。


イシュガルドの教皇庁では幻龍復活の噂が気になるようです。
異端者側が情報工作でもしているのでしょうか。

 


黙約の塔の監視を依頼されました。


了承すれば開拓団への支援は続けてくれるようです。

 

 


承諾するアルフィノ。


取り次ぎを了承するアイメリク卿。

と、そこに駆け込んでくる守備兵。

 


物資輸送隊が異端者勢力に襲われたようです。

 

 


冒険者に先行調査を依頼されました。


ではまた次回に。


調べるブログ(サブブログ)  ゲーム用周辺機器を探す(Amazon)  GARO Project  光のお父さん  TOPに戻る

このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。
当該画像の転載・配布は禁止いたします。
当ブログ記事の2ch系まとめサイトへの無断転載を禁じます。
投稿した記事内容は私的なものであり、所属する組織・団体に関連性はありません。
Loxley-Noteは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

(C)LOXLEY-NOTE

アンテナリンク
エフエフアンテナ  FF11ブログアンテナ  エフエフ14アンテナ