Loxley-Note

ゲーム・自作PC・動画などの記事を中心としたサブカルチャーブログです。たぶん。

【FF14】新生エオルゼア冒険記(58)「レヴナンツトールへ」

FF14冒険記です。


エンドコンテンツ、追加メインストーリーに入ってからはエオルゼアを好き勝手にうろついています。
あんまりお使いクエストという感じはありません。

・やりたくないことはやらない
・気が向いたときにやる

で進めてますw


今日はレヴナンツトールに来ています。
私のようなレガシー復帰組には変化が大きく、戸惑うことが多いです。
(モードゥナって根性版はメインクエストで来るだけで何もなかったような)

新生初期から現行仕様への変化も大きいです。

・哲学廃止、ダークライト装備は今は難易度の高い追加IDでドロップ
・神話装備は入手難易度が緩和、神話の週制限撤廃
・新たに戦記が追加されている
・なんだか町がリッチに
ロウェナがひと山当てた(違

なるほど後続・新規のことを考えて調整してるんですね。
これは急ぐよりのんびり楽しんだほうがいいかな。
一部難易度の高いIDは早めに乗り込んだ方が人が多くて攻略しやすいですが、トレードオフかな。


 


吉P異邦の詩人に自分の冒険譚を語ります。
やたらと身につけてるアクセサリーの多い方です。
ジャラ樹とか言われてますね。




 


ガーロンド・アイアンワークスの美人すぎる社員さんにシドを連れまわしているのを責められ、クエストを受けます。



 


メインストーリークリア後の世界を巡ります。
こちらはグリダニアの要人さんですね。

メインクエストをクリアしたからといって、いきなりエンドコンテンツ!ではなく、ちょっと余裕をもって世界を見てまわりたいと思います。いろいろ変化があって楽しいですw



エッダ登場の伏線。



クリスタルタワーもいよいよでしょうか。



カルン埋没寺院をまだクリアしていないFCメンバーとCFで攻略に行ってみたり。
すいません、ここのしかけ初めて知りました。あの時の黒さんありがとう。



美人すぎる社員さんに報告します。
胴をAFにしてオシャレにしてみたんですが、まるっきり気が付いてくれません・・・。


 


砂の家に寄ってみるとレヴナンツトールへの移転の話が出ていました。
なんでもウルダハに砂の家があると三国との関係によくないとか。
でも移動で近いのはリムサ・ロミンサからの海路なんですよね。

で、三国均等に距離を置く独立した組織であるべく、最近発展著しいレヴナンツトールへ移転するそうです。



一人だけ何か方向性の違うタタルさん。


ではまた次回に。



調べるブログ(サブブログ) / YouTube Loxley Games / エフエフアンテナ / FF14アンテナ / FF11ブログアンテナ / TOPに戻る

  • このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。
  • 当ブログ記事の2ch系まとめサイトへの無断転載を禁じます。
  • 投稿した記事内容は私的なものであり、所属する組織・団体に関連性はありません。
  • Loxley-Noteは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。