Gamer Blog [Loxley-Note]

ゲーム・自作PC・動画などの記事を中心としたサブカルチャーブログです。たぶん。

「ニコ生:FFXIVプレゼンツFFT実況プレイ Part2」を視聴しました!

ニコ生特番「ファイナルファンタジーXIVプレゼンツ ファイナルファンタジータクティクス」を視聴しました。今回も長時間の配信でした。 

loxley-note.hatenablog.jp

 

大盛り上がりのラストステージ

本番組で一番の盛り上がりを見せたのはやはりFFT・FF14開発スタッフの出演時間でした。遅い時間にもかかわらず入場者数がうなぎ登りでしたね。

f:id:Loxley:20180520145929j:plain

今回もFFTのプレイを担当するのは前廣氏。昔の上司と今の上司に挟まれて微妙な表情をしていました。(=ω=)

 

番組はなごやかに進行し、ドット絵のキャラ絵(似顔絵)も渡されていました。これがまた非常によくできていましたね。

f:id:Loxley:20180520150019j:plain 

f:id:Loxley:20180520150027j:plain

 

番組中では開発初期のプロットや幻の「FFT2」の話もありました。続編は外注に出すつもりが、いろいろあってボツになったそうです。

 

ところで、吉田Pは歓迎会を朝までやっていての出演だったそうですが、この後月曜日はパッチノート朗読会があるわけで声の方は大丈夫なんでしょうか。

jp.finalfantasyxiv.com

 

前廣氏、クリアまでやりとおす!

20年前の難易度の高いゲームでしたが、育てられたキャラクターと前廣氏の頑張りで無事クリアすることができました。(特に直前の最上氏の神プレイが素晴らしかった)

筆者はFFTを途中までしかプレイしていなかったため、エンディングを見たのは今回が初でした。

 

エンディングが流れている際に松野氏が以下の発言をしていたのが印象的でしたね。

「FFTはすべて失ったが大事なものを手に入れたラムザと、すべてを手に入れたが欲しいものは手に入らなかったディリータの対比の物語」

なるほどなるほど。FFTを紹介したイラストにラムザとディリータの二人だけが描かれているものがあるのはそういうわけなんですね。

 

残念だったのは23時から視聴を始めた一部の人達のマナー

長時間に渡って楽しく配信を視聴させていただきましたが残念な点が一つありまして。

それは、本企画の最大の見せ場とも言うべき23時からの吉田P・松野氏出演時間近くになって急にコメントが荒れだしたことです。

それまでゲスト出演の最上氏が難関ポイントを攻略していき、見せ場を作って出演者・FFTファンの視聴者が共に盛り上がっていたのに、23時近くになると吉田Pの出演を催促するコメントが溢れ出しました。よくある「よしだ弾幕コメント」です。

これは同じFF14プレイヤーとしては非常に恥ずかしい行動だと思いました。じつはこの「よしだ弾幕コメント」、他の番組でも見ることがあるんですよね。それもSEGAやカプコン等、他社の番組中に。非常に迷惑な行為です。

 

FFTとFF14の新コンテンツについて紹介しているわけですから、当番組はFFTのコアなファンだって視聴していたはずです。そういった同じ「ファイナルファンタジーシリーズ」のファンに対して配慮が欠けた人達がいたのが非常に残念だと思った次第です。(=ω=)

 

 

『FF14』第185回「エオルゼアより愛をこめて」感想、ゲストはラウバーン役の安元洋貴さん!

Webラジオ:エオルゼアより愛をこめて

「ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア」を愛する人による「ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア」を愛する人のためのWebラジオ番組「エオルゼアより愛をこめて(あいこめ)」 毎週金曜日に更新され、パーソナリティを人気声優・歌手の南條愛乃さんが担当されています。 

今週で第185回になりました。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/L/Loxley/20161224/20161224010509.jpg

www.onsen.ag

続きを読む

豪華出演陣で配信された「ニコ生:FFXIVプレゼンツFFT実況プレイ Part1」を視聴しました!

ニコ生の「ファイナルファンタジーXIVプレゼンツ ファイナルファンタジータクティクス実況プレイ」を視聴しました。

5月22日にパッチ4.3がリリースされるFF14は過去作からイヴァリースに関連したテーマをコンテンツとして取り込んでいます。

この配信は、過去作であるファイナルファンタジータクティクス(FFT)を二回に分けて実況プレイし、クリアしようという企画です。

f:id:Loxley:20180513113310j:plain

live.nicovideo.jp

「ファイナルファンタジータクティクス」のイヴァリースの世界を舞台にした ファイナルファンタジーXIVのアライアンスレイドダンジョン「リターン・トゥ・イヴァリース」シリーズ。
5月下旬の大型アップデートで追加される新たな章 「リターン・トゥ・イヴァリース:封じられた聖塔 リドルアナ」の公開を記念し、 「ファイナルファンタジータクティクス」を豪華ゲストがクリアするまで実況プレイします!
第1回目となる今回は、ゲストに立花慎之介さん、中村悠一さん、三宅麻理恵さんをお迎えし、 「Chapter1 ~持たざる者~」「Chapter2 ~利用する者される者~」の攻略を目指します!  

 

作品のボリューム的に、配信が始まる前から「これ本当にクリアできるの?」などと危惧されていましたが、最終的にスクエニスタッフが帳尻合わせするようです。アニーさん達ががんばってレベル上げしてました。  

 

声優陣の実況プレイ

番組の前半パートはFF14キャラクターに声を当てている声優陣によるFFTプレイでした。

立花慎之助さん(アルフィノ役)

トップバッターはアルフィノ役の立花慎之介さんでした。FFTは当時やりこんでいたそうで安定したプレイをされていました。ボイスなしのFFTに立花さんが声を当てながらプレイされていたので番組は大盛り上がりでした。

トークでは昔スクウェア時代にテスターとしてアルバイトをしていたことがあったそうで、久々に当時のスタッフ(現在は広報)と再会されたのだとか。

 

中村悠一さん(サンクレッド役)

FF14のコアプレイヤー(ガチ勢)でもある中村さんはFFTも昔やりこんでいたそうで、実況プレイしながら余裕のトークで番組を盛り上げていました。

番組中、中村氏は「銀腕の吉田」「音使いのソケン」などのキャラクターを作って遊んでいたのですが、運コメに吉田Pが登場し一瞬場が静まった時が最高に面白かったですね。(この後吉田Pはぶっ続けで運コメに登場し続けます)

f:id:Loxley:20180513121053j:plain

ストーリー進行時は声を当てていらっしゃいましたが若本さんの声真似が非常に似ていて爆笑でした。('ω')b<「ぶるああああ!」(by 中村氏)

 

三宅麻理恵さん(シリナ役)

声優陣の紅一点、三宅麻理恵さんはシリナ役です。シリナといえばアジムステップの部族の一つ「モル族」の族長の孫娘であり、余輩さんのナーマ探しで(見事に)フッたシーンを思い出しますね。

シリナの声を当てた際に要求されたことは「大草原の普通の女の子を演じてほしい」だったそうです。製作者的にはゲームキャラクターの声当てはゲーム経験者だとやりやすいのだとか。これは現実ではないファンタジー世界作品だからだそうです。

 

FFT、FF12をプレイしていると「リターン・トゥ・イヴァリース」がさらに面白く

FF14の24人レイドコンテンツ「リターン・トゥ・イヴァリース」は過去作をプレイしていなくても楽しめるようになっており、これは松野泰己氏もTwitterで言及されています。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/L/Loxley/20171011/20171011172112.jpg

しかし、過去作をプレイ済だとレイド中に登場するキャラクターのセリフであったり、使用されているBGMが過去作のアレンジになっていることに気がついたりとニヤニヤできる要素が増えます。('ω')b

 

FINAL FANTASY TACTICS 獅子戦争

FINAL FANTASY TACTICS 獅子戦争

  • SQUARE ENIX INC
  • ゲーム
  • ¥1,400

 

配信者、吉田P、松野氏の不思議な連携が面白かった

序盤の声優陣のパートも面白かったですが、番組ラストのスクエニスタッフ(皆川氏、前廣氏)のパートが面白かったですね。

配信者、運コメ(吉田P)、Twitter(松野氏)が不思議な連携をして話がつながっていました。

 

番組中では当時の貴重なドキュメントも出てきました。

f:id:Loxley:20180513114816j:plain

 

おまけ:FFTはPSP版が調整されてプレイしやすいらしい

配信を見ていると視聴者のコメント欄に「PS版は難易度が高く、後で発売されたPSP版が難易度が調整されやりやすい」とありました。

PSP版はPS Storeでダウンロード版が購入できるので、後でPS Vitaで遊んでみようと思います。 

PlayStation Vita Wi-Fiモデル ブラック (PCH-2000ZA11)

PlayStation Vita Wi-Fiモデル ブラック (PCH-2000ZA11)

 
PlayStation Vita メモリーカード 16GB (PCH-Z161J)

PlayStation Vita メモリーカード 16GB (PCH-Z161J)

  • アーティスト: Psv Accessories
  • 出版社/メーカー: ソニー・コンピュータエンタテインメント
  • 発売日: 2011/12/17
  • メディア: Video Game
  • 購入: 16人 クリック: 55回
  • この商品を含むブログ (18件) を見る
 

 

THE PRIMALSがAmazonランキングのミュージックカテゴリで1位に!

5月16日発売予定のCDアルバム「THE PRIMALS」がAmazonランキングのミュージックカテゴリで1位になっていました。

f:id:Loxley:20180512175227j:plain

先日配信された第44回プロデューサーレターLIVE(PLL)でも紹介されていましたが、このアルバムには予約特典やアイテムコードなどは一切ありません。祖堅さんが同番組中で発言していたようにまさに「音で勝負」なわけです。

円盤の売れない時代にゲームミュージック発のバンドとしては大健闘と言えるでしょう。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/L/Loxley/20180512/20180512011629.jpg

↑第44回PLL配信後にちょっとだけTHE PRIMALSに関する宣伝コーナーがありました。

 

楽曲の試聴はオフィシャルサイトにて。

loxley-note.hatenablog.jp

 

FINAL FANTASY XIV オフィシャルバンド THE PRIMALSの1st CDアルバム「THE PRIMALS」は5月16日発売予定です。

THE PRIMALS

THE PRIMALS

 

全世界で1000万ユーザーを突破した大人気MMORPG「ファイナルファンタジーXIV」にてサウンドディレクターを務める祖堅正慶を中心として2014年に結成されたオフィシャルバンド「THE PRIMALS」。
これまでアレンジアルバム2作品に参加し、日本のみならず、北米、欧州、韓国などでも開催されるオフィシャルイベント「FINAL FANTASY XIV FAN FESTIVAL」のライブステージに出演。世界各地のステージで熱く激しいパフェ―マンスを披露し、その活躍の舞台をワールドワイドに広げている。
そんな彼らによるバンド単独として待望の1stアルバムをCDでリリース決定! その名も「THE PRIMALS」! 過去リリースされたアレンジアルバムに収録された楽曲に、本作のために収録した新規楽曲を追加! 世界中でプレイヤーを熱狂させてきた注目のバンドが放つ究極の1枚にご期待ください。 

 

IGNでFFXIVリターン・トゥ・イヴァリース開発陣インタビュー動画が公開されています

5月22日リリース予定のFINAL FANTASY XIV パッチ4.3では24人レイド「リターン・トゥ・イヴァリース」の続編が実装さることもあって注目を集めています。 

先日配信された第44回FF14プロデューサーレターLIVEの後半では松野泰己氏がゲスト出演し、「封じられた聖塔 リドルアナ」の実機プレイも配信され、FFファンの筆者は興味深く視聴しました。 

f:id:Loxley:20180512212247j:plain 

f:id:Loxley:20180512213339j:plain 

続きを読む

『FF14』第44回プロデューサーレターLIVEを視聴、パッチ4.3のジョブ調整はどうなる?

5月11日に配信された「FINAL FANTASY XIV プロデューサーレターLIVE」を視聴しました。今回で第44回です。 

第44回FFXIVプロデューサーレターLIVE - 2018/05/11 19:30開始 - ニコニコ生放送

今回のFFXIVプロデューサーレターLIVEは、「パッチ4.3コンテンツ特集Part2」と題し、 パッチ4.3で実装されるコンテンツや要素を吉田Pが実機を交えてご紹介します。
番組後半では、 株式会社ALGEBRA FACTORY代表取締役/ゲームデザイナー/脚本の松野泰己さんをお迎えし、 「リターン・トゥ・イヴァリース」第2弾となる「封じられた聖塔 リドルアナ」についてお伝えします!
・パッチ4.3実装コンテンツ特集Part2
・スペシャルトークセッション:株式会社ALGEBRA FACTORY代表取締役/ゲームデザイナー/脚本 松野泰己

 

パッチ4.3リリース日は5月22日

気になるパッチ4.3のリリース日は(前回PLLである程度伝えてありましたが)5月22日(火)で決定。ただし、いつものように新コンテンツは複数回のパッチに分けてのリリースとなるようです。 

f:id:Loxley:20180512083003j:plain

 

続きを読む

『FF14』PLLテスト放送で新たなプライズアイテム「モグルモグリモア」が紹介されていました

FINAL FANTASY XIVの新たなプライズアイテムが第44回プロデューサーレターLIVEのテスト放送で紹介されていました。

プライズアイテムはタイトーステーションのクレーンゲームで入手できます。

www.taito.co.jp

 

プライズアイテムはFF14のキャラクターアイテム的なものが多いです。 

loxley-note.hatenablog.jp

 

電子メモパッド「モグルモグリモア」

テスト放送で紹介されたのはこちら。

f:id:Loxley:20180512010059j:plain

電子メモパッド「モグルモグリモア」。よほど言いにくいのか、もっちーは噛んでました。 

 

パカっと開くと電子メモパッドが現れます。(パカッとというよりバキッと聞こえたので室内の温度が下がったように見えました)

f:id:Loxley:20180512010109j:plain

 

UNDOはありません。バランス的に気に食わないのかもっちーは消して書き直していました。

f:id:Loxley:20180512010121j:plain

 

途中から吉田Pも横から覗いてきます。

f:id:Loxley:20180512010129j:plain

しかしナマズオ絵の出来が周知されまくっているためか、描くことはせず。 

この電子メモパッド、近日中にプライズアイテムとして登場するそうです。

 

プライズアイテム新作といえばPLL本番中にナマズオぬいぐるみが紹介されていました。

f:id:Loxley:20180512011629j:plain

 

タイトステーションにも入荷しているようですね。

 

FINAL FANTASY XIV 紅蓮編オリジナル・サウンドトラック発売決定!

5月11日に配信された「FINAL FANTASY XIV 第44回プロデューサーレターLIVE」の最後で紅蓮編オリジナル・サウンドトラック「STORMBLOOD: FINAL FANTASY XIV OST」の発売が告知されました。

 

発売予定日は7月4日(水)、初回特典はアイテムコードになっています。

f:id:Loxley:20180511233107j:plain

今回のOSTはパッチ4.0~4.3の曲が収録されていて、曲数は100曲以上になるそうで。

紅蓮編はオサード小大陸という新エリアにクガネやドマといった和風の世界観と、アジムステップのようなモンゴル風の世界観があり、曲調もエリアごとに独特なものが多いです。

 

f:id:Loxley:20180511233118j:plain

THE PRIMALSのCDと並んで紹介されていました。 (OSTの方はまだ裏面はなし)

ちなみに「THE PRIMALS」の方は初回特典等はなく、祖堅さん曰く「潔く音で勝負!」だそうです。

loxley-note.hatenablog.jp

 

毎度おなじみシロガネのFCハウスでPLLを視聴したわけですが、FCメンで集まって見るPLLは楽しいですね。(*´ω`*)

f:id:Loxley:20180511233844j:plain

※画面はハメコミ合成です。

 

PLL終了後の新情報

PLLの配信終了後にスクエニ公式Twitterアカウントの一つ、SQEX MUSICが紅蓮OSTについて新たな情報をツイートしていました。今回も予約した店舗によって特典が異なるみたいですね。Amazon特典いいなぁ。パッチ4.3アートですね。ヨツユのアップ。

発売記念イベントもやるみたいですがまた強行軍になりそうな。

 

紅蓮OST公式サイトはこちら。

www.square-enix.co.jp

 

『FF14』THE PRIMALS音源18曲がオフィシャルサイトで試聴可能

MMORPG「FINAL FANTASY XIV」の戦闘用BGMをバンドアレンジした全18曲がオフィシャルサイトで試聴可能です。 

THE PRIMALS Official Website | SQUARE ENIX

 

  • 原始の審判 〜蛮神イフリート討伐戦〜 Primal Judgment
  • 混沌の渦動 〜蛮神リヴァイアサン討滅戦〜 Through the Maelstrom
  • 忘却の彼方 〜蛮神シヴァ討滅戦〜 Oblivion
  • 雷光雷鳴 〜蛮神ラムウ討滅戦〜 Thunder Rolls
  • 堕天せし者 〜蛮神ガルーダ討伐戦〜 Fallen Angel
  • 過重圧殺! 〜蛮神タイタン討滅戦〜 Under the Weight
  • 英傑 〜ナイツ・オブ・ラウンド討滅戦〜 Heroes
  • 曲がらぬ刃 〜蛮神ラーヴァナ討滅戦〜 Unbending Steel
  • アンブレーカブル 〜博物戦艦 フラクタル・コンティニアム〜 Unbreakable
  • 逆襲の咆哮 Revenge Twofold
  • 魔神 〜魔神セフィロト討滅戦〜 Fiend
  • イマジネーション 〜蒼天聖戦 魔科学研究所〜 Imagination
  • メタル 〜機工城アレキサンダー:起動編〜 Metal
  • 指数崩壊 〜機工城アレキサンダー:天動編〜 Exponential Entropy
  • メタル:ブルートジャスティスモード〜機工城アレキサンダー:律動編〜 Metal - Brute Justice Mode
  • ライズ 〜機工城アレキサンダー:天動編〜 Rise
  • ローカス 〜機工城アレキサンダー:起動編〜 Locus
  • 忘却の彼方 Never Let it Go Oblivion Never Let it Go Version 

 

「メタル」は先日Webラジオ「エオルゼアより愛をこめて」にて初めてバンドアレンジバージョンが公開されていました。

loxley-note.hatenablog.jp

 

これまで複数枚の円盤を出しているFF14の楽曲ですがTHE PRIMALSのCDは今回が初めて。1st Album「THE PRIMALS」は5月16日発売予定です。

THE PRIMALS

THE PRIMALS

 

 

件名「ファイナルファンタジーXIVハウス自動撤去のお知らせ(10日前)」のメールに驚愕する

ゴールデンウィークをダラダラと過ごした筆者は死んだ魚のような目をして泣く泣く月曜日の出勤をしたわけですが、仕事を終えて満員電車でちょっと闇属性に堕ちつつもなんとか耐えて帰宅し、メールを見るとなにやら不穏なメールがスクエニ様から届いていました。

 

※このメールは、ファイナルファンタジーXIVゲーム内のハウスに関して自動撤去対象となっているフリーカンパニーのメンバー、もしくは個人ハウスのオーナーの皆様へ、スクウェア・エニックス アカウントの登録メールアドレス宛にお送りしています。内容にお心当たりがない場合には、当メールを破棄していただきますようお願いいたします。

==========

 

平素はファイナルファンタジーXIVをご利用いただきありがとうございます。

ファイナルファンタジーXIVでは、多くのプレイヤーの皆様にハウス機能をご利用いただくために、長期間利用されていないゲーム内のハウスは撤去することになっております。

この度、ファイナルファンタジーXIVにおいてフリーカンパニーまたは個人で所有されている以下のハウスに関して、一定期間ハウスへの入室がない、もしくは土地購入後一定期間ハウスが建築されておらず、撤去条件を満たしていることが確認されたため、土地およびハウスが自動撤去準備の対象になりました。

以下にご案内する「自動撤去準備の解除」を満たさない場合、この以下の「撤去日時」に土地およびハウスが自動撤去されます。

■撤去対象のハウスおよび土地

種  別:個人ハウス

ワールド:Bahamut

番  地:ミスト・ヴィレッジ第xx区xx番地

撤去日時:2018-05-15 22:00:00 (JST) 

 

 はぁ?(゜o゜)

 

あれ?課金していて週末ログインもしているのに。あれ?

loxley-note.hatenablog.jp

 

あ・・・

 

一定期間ハウスへの入室がない

 

これかー!!

 

しまったー!!!

 

ミストヴィレッジにS家を買ったものの、壁紙を変えただけで満足して放置してましたよ!

loxley-note.hatenablog.jp

 

慌てて個人ハウスに入室しました。(=ω=)<あぶなー

f:id:Loxley:20180507230754j:plain

じつは他サーバーにいたときも休止中に個人家を取り上げられていたので危うく二度目の没収になるところでした。 

 

f:id:Loxley:20180507230521j:plain

自動撤去は解除されましたが、月額課金(レガシー契約なので1058円)を支払って週末ログインしているプレイヤーから土地を没収しようとするとは鬼のような所業です。(ノД`)<ないわー

 

そういえば懐かしのUOも家のドアを調べるとかしないと腐るんでしたっけ。そういうところだけ古き良きMMORPGを忠実に再現しなくてもいいのに・・・。

 

モンハンワールドに浮気中のFF14プレイヤーの家が没収されていないか心配です。(ありそうで怖い)

 

『FF14』第183回「エオルゼアより愛をこめて」感想、ゲストはTHE PRIMALS!新曲を最速公開!

Webラジオ:エオルゼアより愛をこめて

「ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア」を愛する人による「ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア」を愛する人のためのWebラジオ番組「エオルゼアより愛をこめて(あいこめ)」 毎週金曜日に更新され、パーソナリティを人気声優・歌手の南條愛乃さんが担当されています。 

今週で第183回になりました。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/L/Loxley/20161224/20161224010509.jpg

www.onsen.ag

 

ゲストは THE PRIMALS 

今月発売予定の新譜「THE PRIMALS」のプロモーションも兼ねているのか、ゲストは祖堅氏、マイケル氏、グン氏の3人でした。来週配信の同番組でも出演されるとのこと。

バンドでの失敗談、ライブはどこでやりたいかなどトークもなかなか面白かったです。マイケル氏は野外ライブをやりたいみたいですね。

 

そういえばFF14のサウンドスタッフは数名いるものの、蛮神に限っては今も祖堅氏一人で作曲しているそうです。

南條さんのPRIMALSの曲に関するコメントも良かったですね。そう、この曲を聴く人は蛮神と戦ったことを思い出しているわけです。FF14プレイヤーらしいコメントだったと思います。

 

今回の番組の目玉は初公開の新曲、律動編4層のバンドアレンジバージョンでした。合体ロボットの出てくるアレです。

ゲーム内のBGMはこちら。 

メタル:ブルートジャスティスモード 〜機工城アレキサンダー:律動編〜

メタル:ブルートジャスティスモード 〜機工城アレキサンダー:律動編〜

 

 

 

FINAL FANTASY XIV オフィシャルバンド THE PRIMALSのCD、「THE PRIMALS」は5月16日発売予定です。

THE PRIMALS

THE PRIMALS

 

 

余談

Zeppツアーのリハーサルが始まっているようですが、ライブ中に何か小ネタを仕込む予定なのでしょうか。

 

『FF14』第44回PLLは5月11日20時頃開催予定、公式フォーラムで松野泰己さんへの質問を募集中

次回PLL開催期日が告知される

FINAL FANTASY XIVの次回プロデューサーレターLIVE(第44回)は大型連休明けの5月11日20時開催予定だそうです。

jp.finalfantasyxiv.com

放送内容

パッチ4.3コンテンツ特集Part2

次の大型アップデート、パッチ4.3で実装される様々なコンテンツや要素について実機を交えてご紹介します。

スペシャルトークセッション

番組後半では、株式会社ALGEBRA FACTORY代表取締役/ゲームデザイナー/脚本の松野泰己さんをお迎えし、「リターン・トゥ・イヴァリース」第2弾となる「封じられた聖塔 リドルアナ」についてお伝えします!

 

公式フォーラムでゲストへの質問を募集中

公式フォーラムでは「リターン・トゥ・イヴァリース」シリーズゲストクリエイターである松野泰己氏への質問を募集していました。

第44回PLL質問募集(「リターン・トゥ・イヴァリース」シリーズ ゲストクリエイター 松野泰己さんに聞きたいこと)

2018年5月11日(金)20:00頃より、第44回プロデューサーレターLIVEの開催を予定しています。 本スレッドには、「リターン・トゥ・イヴァリース」シリーズ ゲストクリエイター 松野泰己さんに聞きたいことについて質問をお寄せ下さい。 

 

パッチ4.3サイトも公開中

トレーラーはまだ公開されていないものの、パッチ4.3サイトは公開されています。

次回パッチの目玉はなんといっても「リターン・トゥ・イヴァリース」シリーズの続編ですね。

家畜に神はいない!の次はどんなボスが登場するのでしょうか。(うちのFCだと社畜に神はいない!などと迷言が飛び交っていましたが)

f:id:Loxley:20180428153521j:plain

jp.finalfantasyxiv.com

 


調べるブログ:仮想通貨とマイニング(サブブログ) / YouTube Loxley Channel / エフエフアンテナ / FF14アンテナ / FF11ブログアンテナ / TOPに戻る

  • このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。
  • 当ブログ記事の2ch系まとめサイトへの無断転載を禁じます。
  • 投稿した記事内容は私的なものであり、所属する組織・団体に関連性はありません。
  • Loxley-Noteは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。