Gamer Blog [Loxley-Note]

スクエニ・任天堂のゲームを中心としたサブカルチャーブログです。たぶん。最近はFF14の記事中心です。

FINAL FANTASY XIV

『FF14』パッチ4.0新エリアを探検しつつFATEに参加するのが楽しい

「FINAL FANTASY XIV 紅蓮のリベレーター」のメインストーリーを進めている。FF14プレイヤーの中でも比較的ライト層に位置する筆者の進みは遅い。 これまで「ギラバニア辺境地帯」、「ギラバニア山岳地帯」、「紅玉海」、「ヤンサ」、「アジムステップ」をゲ…

『FF14』新ジョブ赤魔道士をPvEコンテンツで初実戦投入した件

FINAL FANTASY XIVの新拡張パッケージ「紅蓮のリベレーター」では新ジョブが2つ追加された。侍と赤魔道士がその新ジョブである。大変人気があるようだ。 筆者も初日に赤魔道士を取得し、インスタンスエリアが高負荷でまともに機能しない中、なんとかジョブク…

『FF14』パッチ4.0のバフエフェクトがわかりにくくないか?って話

2017年6月16日に開始された「FFXIV 紅蓮のリベレーター」のアーリーアクセス期間も終了し、ライト層に位置する筆者もヒーラー(学者)でどうにかレベル60台中盤までの新インスタンスダンジョン(ID)に通えるようになった。 新IDはなかなか面白い趣向が施して…

『FF14』パッチ4.0でも相変わらず風脈探しが面倒くさい件

FINAL FANTASY XIV 紅蓮のリベレーターのアーリーアクセス期間中にやっと1つ目のフライングマウント使用エリアの開放ができた。 開放したエリアは公式PV・各メディア誌でも大々的に紹介されていた「紅玉海」だ。

『FF14』公式Instagramアカウントのカウントダウンイラスト振り返り

本日、2017年6月20日はFINAL FANTASY XIVの新拡張パッケージ「紅蓮のリベレーター」の発売日です。 FFXIV公式Instagramアカウントでは発売日までイラストによるカウントダウンが行われていたので紹介しておきます。

『FF14』紅蓮のリベレーター アーリーアクセス振り返り、既にタンク不足の傾向あり

MMORPG「FINAL FANTASY XIV」の新拡張パッケージ「紅蓮のリベレーター」はなんとかアーリーアクセスからプレイできた。しかしライト層に位置する筆者のことなので進みは非常にのんびりとしたものだった。

『FF14』パッチ4.0アーリーアクセス期間中、マスクされていた新ID名を記事タイトルに使用する一般ブログについて

FF14アンテナを参照するとちょっと面食らう出来事があった。アーリーアクセスまでに公式および各種メディア誌で取り上げられていた情報はいいとして、ストーリーに関わるネタバレをタイトル名にしているブログがあったのだ。ちょっとびっくり。

『FF14』パッチ4.0でPvPコンテンツへの参加が面倒になったな、と思うこと

FINAL FANTASY XIV 紅蓮のリベレーターではPvPコンテンツも大幅にリニューアルされた。内容的にライト層の参加も容易になっており、歓迎したい変更ばかりである。 が、一点だけ改悪というか面倒になった点がある。

『FF14』シロガネエリアを観光、MAPと土地購入価格をチェックしてきました!

FINAL FANTASY XIV 紅蓮のリベレーターのメインストーリークエストを進め、クガネエリアに到着しました。 筆者はクガネの街中を散策する前に、シロガネエリアへの入り口を見つけたので観光ついでにハウジングエリアの景観をチェックしてきました。 シロガネ…

『FF14』ギラバニアのラウバーン待ち行列がすごかった件

FINAL FANTASY XIV 紅蓮のリベレーターのアーリーアクセスが始まりましたが、初日は金曜なこともあり、疲れていて筆者は新ジョブを取得したらさっさと寝てしまいました。翌日朝のニュースとTwitterを見ていたところ、 ラウバーンて何よ? ヒカセン達、また何…

『FF14』紅蓮のリベレーター、アーリーアクセス始まりました!早速ギラバニアに行ってきたよ!

2017年6月16日 18時、FINAL FANTASY XIVの新拡張パッケージ、紅蓮のリベレーターのアーリーアクセスプレイが解禁されました。 筆者も予約購入しておいたので当日は新オープニングタイトルを見ることができました。 以下、初日のプレイ日記です。 ※以下、未プ…

『FF14』メンテ中につき、パッチ4.0でレベルを上げていくジョブの順番を考える

6月16日にいよいよ「FINAL FANTASY XIV紅蓮のリベレーター」のアーリーアクセスが始まる。アーリーアクセス前は24時間メンテが実施されることもあり、プレイヤーの方々は皆さぞ手持ち無沙汰であろう。

『FF14』ヒーラー(白魔道士・学者・占星術師)のロール共通アクション一覧とセット内容の考察(パッチ4.0)

FINAL FANTASY XIV 紅蓮のリベレーター(パッチ4.0)でアディショナルはロール別の共通アクションに変更されます。この記事ではヒーラー(白魔道士・学者・占星術師)のロール共通アクション一覧を記載しています。

『FF14』遠隔魔法DPS(赤魔道士・黒魔道士・召喚士)のロール共通アクション一覧とセット内容の考察(パッチ4.0)

FINAL FANTASY XIV 紅蓮のリベレーター(パッチ4.0)でアディショナルはロール別の共通アクションに変更されます。以下は遠隔魔法DPS(赤魔道士・黒魔道士・召喚士)のロール共通アクションの一覧です。

『FF14』暗黒騎士のアクションと特性の一覧(パッチ4.0)

FINAL FANTASY XIV 紅蓮のリベレーター(パッチ4.0)でバトル関連の変更が入る「暗黒騎士」のアクションと特性の一覧です。

『FF14』吉田P「4.0では奇数パッチのIDを減らし、新コンテンツの開発を」零式公開までのスケジュールも公開されたE3 2017 PLL

E3 2017の会場からFINAL FANTASY XIVプロデューサーレターLIVEが配信された。 会場では既報のとおり、新蛮神と戦えるということでプレイヤー達の歓声が凄かった。けっこうな盛り上がりであったようだ。

『FF14』学者の新アクションと変更された特性の一覧(パッチ4.0)

FINAL FANTASY XIV 紅蓮のリベレーター(パッチ4.0)でバトル関連の変更が入る「学者」のアクションと特性の一覧です。

『FF14』パッチ4.0の抱負はTank・DPS・Healer の3ロールをプレイして遊び倒す!

筆者はFINAL FANTASY XIVではかなりのライトプレイヤーである。はっきり言ってプレイ時間よりブログの記事を書いている時間のほうが長いと思う。だってルーレットやってるだけで眠くなるもの。スクエニにとってはサーバーに長居しない上得意の客だと思う。 …

『FF14』赤魔道士のアクションと特性の一覧およびスキル回し考察(パッチ4.0)

FINAL FANTASY XIV 紅蓮のリベレーター(パッチ4.0)で追加される新ジョブ「赤魔道士」のアクションと特性の一覧です。

FFXIVプライズアイテム「ミニオンフィギュア サンクレッド」をクレーンゲームでゲットしてきた!

タイトーステーションでFINAL FANTASY XIVプライズアイテム「ミニオンフィギュア サンクレッド」を入手してきた話。

『FF14』累積利用期間720日間の特典(ベテランリワードランク10)をいただきました!

FINAL FANTASY XIVの契約を更新して累積利用期間が720日となったようです。運営からリワードアイテムが届きました。ベテランリワード・ランク10のアイテムです。

『FF14』紅蓮のリベレーター ローンチトレーラーはメインストーリーのネタバレ満載?

FINAL FANTASY XIV 紅蓮のリベレーターの発売を今月20日に控え、ローンチトレーラーがついに公開された。 そのローンチトレーラーだが、かなり突っ込んだ内容まで踏み込んでいる。 ローンチトレーラーを見ると大方の予想通り、パッチ3.5「宿命の果て」の勢い…

『FF14』パッチ4.0ではPvPでも経験値がもらえる!新たな経験値稼ぎの手段になるか?

FFXIVパッチ4.0ではPvPコンテンツもリニューアルされ、PvEのように経験値も取得できるらしい。

FFXIV ORIGINAL SOUND TRACK「THE FAR EDGE OF FATE」が届きました!

FFXIVの新しいオリジナルサウンドトラックが届く! 2017年6月7日に発売されるファイナルファンタジーXIVの新サウンドトラック「THE FAR EDGE OF FATE」が一日前に届きました。 おなじみのゲーム内画像と祖堅さんのコメントに加えて、演奏映像も収録されてい…

『FF14』新ジョブ赤魔道士のレベル上げとスキル回し考察(レベル50中盤編)

FFXIV 紅蓮のリベレーター(パッチ4.0)のアーリーアクセスが6月16日(金)午後6時から始まる。筆者は新ジョブ赤魔道士を真っ先にプレイしたいと思う。(アーリーアクセスプレイに何も問題が起きなければだが) 赤魔道士は新拡張パッケージ「紅蓮のリベレータ…

FFXIV STORMBLOOD 仕様の腕時計

FINAL FANTASY XIV Stormblood仕様の腕時計がInstagramで公開されていたので気になって調べてみたところ、UKのみのバンドルセットでした。

「ファイナルファンタジーXIVマガジン 2017年夏 紅蓮のリベレーター直前スペシャル号」を予約しました

6月20日の新拡張パッケージが近づいてきたファイナルファンタジーXIVの関連書籍「ファイナルファンタジーXIVマガジン 2017年夏 紅蓮のリベレーター直前スペシャル号」を予約しました。(書籍名、長!) Amazonは売り切れていたので楽天ブックスでの予約です…

FFXIVデザインのクレジットカードが発表されるもプレイヤーにとってメリットはほとんどナシな件

FINAL FANTASY XIV公式ツイッターアカウントがFFXIVデザインのクレジットカードの登録受付が始まったことを告知していた。

『FF14』新ジョブ赤魔道士のスキル回し考察(レベル50スタート編)

先日ファミ通に掲載された全15ジョブ試遊記事で新ジョブ「赤魔道士」のアクションをチェックしたところ意外な事実がわかった。

『FF14』詩人のパッチ4.0スキル回しがさっぱりわからんのでメインを赤魔道士か学者に変えようかと思う件

ファイナルファンタジーXIV PLLで詩人の変更が発表された時は「やったぁぁ!!ヽ(=´▽`=)ノ」なーんて、のんきに喜んでいたメイン詩人の筆者だが、今更ながら大変なことに気がついた。

FFXIVパッチ4.0でヒーラーの魔法はもうちょっと整理できなかったのかと言いたい件

先日、「FFXIV 紅蓮のリベレーター」メディアツアーの記事が解禁されたようで様々なサイトの特集を読んでいたところ、ファミ通のジョブ特集が非常にわかりやすかったので筆者がよく使用する遠隔物理DPS・ヒーラーのページを読んでみた。

FF14が題材のノベル「きみの傷とぼくらの絆」完成記念鼎談を藤原祐氏、いとうのいぢ氏、吉田Pが実施

MMORPG「FINAL FANTASY XIV」を題材にしたノベル「きみの傷とぼくらの絆」の完成を記念して小説の著者である藤原祐氏、イラスト担当のいとうのいぢ氏、FFXIVプロデューサー兼ディレクター吉田直樹氏が鼎談を行ったようだ。 電撃オンラインのページではその一…

新しいFFXIVゲームカードもいいけど、今月はビットキャッシュ購入・利用のほうがアイテムもらえてお得だよって話

FINAL FANTASY XIV公式サイトの新たなトピックスで新デザインのゲームカードが紹介されていた。 今回から90日利用権も加わり、便利に使えるようになったようだ。 購入する店舗(ローソン・ファミリーマート) によってデザインは異なる。

『FF14』フィジカルボーナス廃止の報にステ振り直しが面倒だった召喚士レベル上げ熱が再燃する!

5月31日にFINAL FANTASY XIVのメディアツアー記事が解禁され、各誌が情報を公開している。その中でも出遅れ気味な電撃オンラインを読んでいて気になる文言があったので紹介しておきたいと思う。

2chまとめサイト不要!Game Watch誌のFFXIV 紅蓮のリベレーター特集が尋常ではないクオリティな件

5月31日、Final Fantasy XIV新トレーラーの公開と共に各メディア誌の「紅蓮のリベレーター」特集記事も解禁された。 その中でもおっそろしーほど気合を入れて特集記事を書いているのが「Game Watch」誌だ。Game Watchは厳しいツッコミも入れてくるが、FF14へ…

FFXIV 紅蓮のリベレーターの新ウォークスルー動画が公開!ギラバニアなど新たなフィールドも

昨日、FINAL FANTASY XIV公式イベントの紹介記事で、祖堅氏が新たなPVのレンダリング作業をしていることを記載していたが、本日新たな動画が公開された。 Youtubeに投稿された動画は、新たなフィールドや街を紹介するウォークスルー動画のようだ。 タイトル…

『FF14』公式イベント「ゴールドソーサー・フェスティバル」が始まる

FINAL FANTASY XIVゲーム内公式イベント「ゴールドソーサー・フェスティバル」が始まった。開催期間は2017年5月30日 12時頃から2017年6月13日 12時頃まで。 期間中はゴールドソーサーでのMGP入手が+50%UPされる。

『FF14』ダン・スカーのボスバトルはもう少しどうにかならなかったのかと思う件

FINAL FANTASY XIVの新拡張パッケージ「紅蓮のリベレーター」のアーリーアクセスが始まるまで3週間を切った。 筆者の最近のFF14プレイ状況といえば、赤魔道士のレベル上げの準備をしたり、ルーレットを回して金策をしたり、簡易制作でクラフターを上げたり…

次回のFFXIV PLLは6月14日8時30分 E3から配信予定、見どころは蛮神スサノオと新バトルシステム

次回のFINAL FANTASY XIV プロデューサーレターLIVEの配信日時が公開された。FFXIV公式ツイッターアカウントがツイートし、公式サイトでも告知されている。 www.twitch.tv アメリカ・ロサンゼルスで開催されるE3に、ファイナルファンタジーXIVが今回も出展し…

FFXIV 紅蓮のリベレーター発売間近、第36回PLLでナイトの強化が発表されるも「あの人」は?

先日放送された「第36回 FINAL FANTASY XIV プロデューサーレターLIVE」で一番盛り上がったのはナイト関連ではないだろうか。 なにしろ羽は生やすわ、範囲スキルを使うわでPLLの話題の中心になった感じであった。 これはタンクをあまりプレイしていない筆者…

5月28日放送の「しくじり先生」に元ハドソンの高橋名人登場!当時の意外な事実が明かされる

テレビ朝日の人気番組「しくじり先生 俺みたいになるな!!」 にあの高橋名人が登場するそうだ。放送は5月28日夜9時58分から。 Youtubeの番組公式チャンネルに次回予告がアップロードされていた。 「ゲームは1日1時間!」 ファミコン世代には非常に懐かしい…

FFXIVファンフェスinソウルの入場券が20分で完売

先日、韓国のソウルでFINAL FANTASY XIV ファンフェスティバルが開催されることを記事にしたが、そのファンフェスの入場券が20分で完売されたそうだ。 loxley-note.hatenablog.jp オンラインゲームでの競争が激しい韓国市場で復活を遂げること自体かなり珍し…

『FF14』赤魔道士とエオルゼア世界設定

第36回FINAL FANTASY XIV プロデューサーレターLIVE(PLL)で新ジョブ「赤魔道士」のバトル仕様がある程度公開された。この記事では赤魔道士とエオルゼア世界設定との関わりについて触れてみたいと思う。 loxley-note.hatenablog.jp 赤魔道士がエオルゼア史に…

『FF14』紅蓮のリベレーター発売まで一ヶ月、第36回PLLで明らかになった新ジョブ「赤魔道士」のバトル関連情報をチェック!

「第36回ファイナルファンタジーXIV プロデューサーレターLIVE」でついに赤魔道士のバトルに関する情報が一般に公開された。

『FF14』第36回プロデューサーレターLIVE、ヒーラー(学者)向け情報をチェック!

第36回FFXIV プロデューサーレターLIVE(PLL)が放送された。筆者のサブジョブでもある学者について速報を載せておこうと思う。

『FF14』第36回プロデューサーレターLIVE、遠隔DPS(吟遊詩人)向け情報をチェック!

第36回FINAL FANTASY XIV プロデューサーレターLIVE(PLL)が放送中だが、吟遊詩人向け速報をお届けする。 メイン詩人による、メイン詩人のための、メイン詩人のためだけの速報だ!

第36回FFXIV PLL前日、テスト放送で黒魔道士アクション「三連魔」と新UIがちょっとだけお披露目!

第36回「FINAL FANTASY XIV プロデューサーレターLIVE(PLL)」に先立ってテスト放送が行われた。 気になるのはバックのリアル「ひんがしの国」的な風景。 2年前の古城のようにメディアツアーのために借用したのだろうか。 PLL本放送は5月23日1時から。日本…

『FF14』過密サーバーからの移動優遇措置を利用するか検討し始めた件

FINAL FANTASY XIVでは先日の24時間メンテ以降、混雑するサーバー(ワールド)対策が実施されている。過密ワールドからの移転優遇措置、過密ワールドへの移転禁止・新規キャラ作成禁止などが主である。

『FF14』STORMBLOODメディアツアー、各誌の記事掲載解禁は5月末付近か

FFXIV:紅蓮のリベレーター発売まであと一ヶ月ほど。現在はプロモーション活動の一環として海外でメディアツアーが実施されているところだ。公式ブログを見ると今回も工夫をこらしたメディア向けイベントが開催されている様子である。ちなみに前回「蒼天のイ…

「THE FAR EDGE OF FATE: FFXIV OST」PVのSOKEN劇場バージョンがコッソリ公開中

SQEX MUSICの公式ツイッターアカウントがFFXIV OST「THE FAR EDGE OF FATE」 PVの別バージョンをコッソリ投稿していた。 小道具を使用させると右に出るものはいないFFXIVサウンドディレクター祖堅氏の勇姿。まさに祖堅劇場。 そしてこのドヤ顔。


調べるブログ(サブブログ) / エフエフアンテナ / FF14アンテナ / FF11ブログアンテナ / TOPに戻る

  • このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。
  • 当ブログ記事の2ch系まとめサイトへの無断転載を禁じます。
  • 投稿した記事内容は私的なものであり、所属する組織・団体に関連性はありません。
  • Loxley-Noteは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

(C)LOXLEY-NOTE